Record China

ヘッドライン:

日本人はなぜ不吉な動物を好むのか=ネコ、カラス、イノシシ、フクロウがあがめられる理由とは―中国メディア

配信日時:2015年1月29日(木) 11時53分
拡大
27日、中国のポータルサイト・網易トラベルは「日本人はなぜ“不吉な”動物を好むのか」と題した記事を掲載した。写真は森のカラス。
(1/2枚)

2015年1月27日、中国のポータルサイト・網易トラベルは「日本人はなぜ“不吉な”動物を好むのか」と題した記事を掲載した。

その他の写真

日本人の好きな動物には、中国人にとっては理解しがたいものがある。ネコ、カラス、イノシシ、フクロウは、中国ではそれほど人気がなく、不吉な動物として避けられる傾向にある。そのいくつかを紹介しよう。

1.ネコ

日本ではあちこちで野良ネコを見かける。人を怖がることもなく、近所の主婦に餌付けされているネコまでいる。政府の厳しい規定のため、日本には野良イヌは少ないが、野良ネコはたくさんいる。

ネコは日本では法を超越した存在なのだ。日本人にとってネコとは高貴かつ神秘的な動物で、敬意を払わなければならない存在だ。古代エジプトからヨーロッパ、中国を経て、日本には奈良時代に伝わったといわれる。一般家庭でネコを飼うようになったのは明治時代からで、現代ではあらゆるところでその姿を目にすることができる。東京の今戸神社は招き猫の像を祭っている。

2.カラス

日本に行ったことのある人なら、街のいたるところにいるカラスに深い印象を抱くだろう。木の枝や屋根に止まってフンをしたり、ごみをひっくり返したりしても、日本人はカラスに対して反感を抱いていないように見える。

カラスがやりたい放題できるのは、日本人がカラスを縁起の良い鳥だと見ているからだ。日本最初の天皇である神武天皇は、三本足の「八咫烏(やたがらす)」に導かれて熊野に遠征したと言われている。そのため、日本ではカラスは神の使いだと言われている。

3.イノシシ

「猪」という字は中国語では「ブタ」を意味するが、日本ではこれを「イノシシ」と呼んでブタとは区別する。イノシシは勇敢さとタフさの象徴で人気がある。戦国時代の猛将・福島正則には「猪武者」というあだ名があった。

4.フクロウ

日本では街角に像が立っていたり、グッズやぬいぐるみにもなっているおなじみの鳥だ。長野五輪のマスコットもフクロウだった。池袋駅には「いけふくろう」像がある。日本ではフクロウは賢く、大きな目で遠くを見通すことのできる鳥として親しまれている。日本語の「フクロウ」は「不苦労」に通じ、縁起が良いとされる。(翻訳・編集/岡本悠馬)

関連記事

日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか=「他国の長所を謙虚に受け入れる日本の強みが失われかけているとすれば心配」―中国メディア

20日、中国・参考消息(電子版)は、「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」と題し、「他国の長所を謙虚に受け入れる日本の強みが失われかけているとすれば心配だ」とする日本メディアの記事を紹介した。資料写真。

Record China
2015年1月26日 6時30分
続きを読む

中国軍も迷信的?戦闘機に「2014」の番号がないのは不吉だからとの英紙報道に「あり得る」「共産党が言ったらダメじゃん」―中国ネット

8日、中国メディアの新浪が、英誌の記事を引用し、中国が開発中のステルス戦闘機のシリアルナンバーに2014がない理由について、「不吉だから」との見方を示したと伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2015年1月12日 18時13分
続きを読む

ランキング