Record China

ヘッドライン:

訪日中国人女性の目に涙、「先に行って!私はもういいの」と言いたかったが…―中国ネット

配信日時:2015年1月22日(木) 1時22分
拡大
21日、中国のインターネット上にこのほど、北京在住の20代の女子大生が北海道でスキーをしたときのことをつづった体験談が掲載された。写真はサッポロテイネ。
(1/5枚)

2015年1月21日、中国のインターネット上にこのほど、北京在住の20代の女子大生が北海道でスキーをしたときのことをつづった体験談が掲載された。

その他の写真

冬の北海道に来たら、温泉だけでなくスキーも楽しむべきだ。札幌は冬季五輪を開催した都市でもあり、施設は非常に整っている。北京のように、週末になると人でごった返し、人工雪のコースで滑っても気持ち良くないスキー場とはまったく異なる。もとは札幌国際スキー場に行こうと計画していたが、専用のバスに乗り遅れたため、仕方なく近くの「テイネ」というスキー場に向かった。

私は北京でスキーをした経験があったため、最初から中級コースにチャレンジしたが、結果は「悲劇」と言うしかなかった。このスキー場は中級コースでもかなり急な坂になっていて、友人は20メートル滑っただけで心が折れ、スキー板を担いで引き返してしまった。一方、あきらめの悪い私は、再び急な斜面に挑戦したが、5メートル滑っては10メートル転がるの繰り返しで、体中が痛くなってしまった。

そのとき、1人のおじさんが現れた。私の横を優雅に滑り、5メートル前で止まった。彼はつたない英語で助けが必要かと聞いてきた。投げ出された私のスキー板を拾ってはかせてくれた後、親切にも滑り方を教えてくれた。しかし、私はその後も転び続け、目には涙が浮かんできた。私は心の中で「先に行って!私はもういいの」と言いたかったが、おじさんは私に付き添ってふもとまで歩いてくれた。今度は感動で涙があふれてきた。

その後、彼はゴンドラに乗り、簡単なコースに案内してくれた。札幌市内の高校の体育の先生だそうで、生徒も滑りに来ているという。私は何度も「ありがとう」とお礼を言った。異国の地で見た美しい冬景色に私は身震いしたが、もっと印象深かったのは北海道で出会った人の温かさだった。(翻訳・編集/北田

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング