Record China

ヘッドライン:

日本人の英語レベルが東京五輪の「急所」に!=「韓国人の英語もひどい」「東京で若者に道を尋ねたら…」―中国ネット

配信日時:2015年1月21日(水) 11時57分
拡大
21日、中国版ツイッター・微博のアカウント「微天下」は、日本人の英語レベルが東京五輪の「急所」になると伝えた。写真は英語教材。
(1/2枚)

2015年1月21日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアカウント「微天下」は、日本人の英語レベルが東京五輪の「急所」になると伝えた。

その他の写真

書き込みは、「2020年の夏季五輪の開催地である東京都は、大量の外国人観光客を迎えるため、すでに英語で意思疎通ができる“救急隊”の数を増やしたり、多言語のホットラインを開設したりといった対策を進めている。日本人が正確な英語を話せないという問題は深刻で、都は言語面のサービスを強化することで、東京のグローバル化を促進したい考えだ」としている。

日本人の英語の発音については、中国でたびたび話題となる。中国版ツイッターには以下のようなコメントが寄せられた。

「中国よりずっとマシだと思う」

韓国人の英語もひどいぞ」

「仕事で日本式の英語を4年も聞いていたら、自分の英語もおかしくなったよ」

「この問題は感慨深い。東京で若者に道を尋ねても、英語で意思疎通できる人はほとんどいない」

「日本は米国のイヌじゃないのか?主人の言葉も理解できないならイヌ失格だ」

「中国の英語の教育レベルが高いとでも思っているのか?」

「いいかげんなことを書くな。日本は五輪を初めて開催するわけじゃあるまいし」

「英語が話せてこそのグローバル化。実は五輪は文化侵略なのだ」

「日本人の英語はひどい。でも、私みたいな普通の中国人の英語も大したことはない。北京五輪だって大成功だったとは言えない」

「新華社がザンビアに派遣した記者の英語レベルもひどかった。その程度で日本人の英語を笑えるのか?」

「五十歩百歩。中国人は自分たちの英語が、日本人やインド人よりもうまいと思っているが、実生活で通じるのはインド人の英語」(翻訳・編集/北田

関連記事

東京五輪の一部競技、福島での開催を検討「まずは東京電力本社を…」「誤ったメッセージになる」―海外ネット

17日、米メディアによると、福島県の内堀雅雄知事は東京都の舛添要一知事と面会し、2020年東京五輪・パラリンピックの競技の一部を福島県で開催するよう要望した。この報道に、海外のネットユーザーがコメントを寄せている。

Record China
2014年12月18日 7時42分
続きを読む

朴大統領「平昌五輪、分散開催議論は意味がない」=韓国ネット「日本が得する」「日韓はセットじゃない!」

15日、韓国メディアによると、2018年の平昌冬季五輪の分散開催について、韓国の朴槿恵大統領が「分散開催議論は意味がない」と発言した。これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は朴大統領。

Record China
2014年12月16日 4時4分
続きを読む

「東京五輪まで6年、サムスンは嫌韓を乗り越えられる?」=韓国ネット「状況は深刻」「それまでに日本は…」

10日、韓国メディアは、「ネット右翼」などの嫌韓勢力を中心に、日本でサムスン電子の東京オリンピック後援に反対する声が広まっていると伝えた。これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は日本の嫌韓デモ。

Record China
2014年12月10日 23時22分
続きを読む

ランキング