ノーベル賞作家・莫言の作品ですら売れない!中国で文学の危機―中国紙

配信日時:2015年1月19日(月) 21時15分
ノーベル賞作家・莫言の作品ですら売れない!中国で文学の危機―中国紙
画像ID  451114
16日、ある出版社が出版したノーベル賞作家・莫言の複数の小説が2014年末に返品され、その量は総印刷部数の10%にも達したという驚きの事実が明らかになった。
2015年1月16日、ある出版社が出版したノーベル賞作家・莫言(モーイエン)の複数の小説が2014年末に返品され、その量は総印刷部数の10%にも達したという驚きの事実が、上海でこのほど開催された第3回文芸評論双月座談会で明らかになった。中国青年報が伝えた。

その他の写真

同ニュースに、「文学」が直面している危機に再び注目が集まった。文学界関係者は、書物の断片化、大衆化により、文学が非主流化しつつあると警笛をならしている。それを如実に物語っているのが、文学と映画・ドラマの関係に生じている大きな変化だ。「以前は文学を原作とした映画・ドラマが多かったが、今では小説に依存している映画・ドラマがほとんどなくなった。ツイ・ハーク(徐克)監督の『智取威虎山(The Taking of Tiger Mountain)』(14年)や鄭暁龍監督のドラマ『紅高粱(紅いコーリャン)』(14年)はいずれも小説を原作としているが、原作とはかけ離れている」。

文学が非主流化しつつあるのは明白な事実で、ノーベル賞を受賞した莫言も、文学市場の「救世主」とはなれなかったのだ。(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/武藤)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事