Record China

ヘッドライン:

不朽の恋愛映画「ラヴソング」が来月公開へ、レオン・ライがアフレコ完了―中国

配信日時:2015年1月15日(木) 0時20分
拡大
13日、ピーター・チャン監督の1996年の映画「ラヴソング」が、来月にも中国で上映される運びに。レオン・ライが新たにアフレコを行っている。
(1/2枚)

2015年1月13日、ピーター・チャン(陳可辛)監督の1996年の映画「ラヴソング」が、来月にも中国で上映される運びに。レオン・ライ(黎明)が新たにアフレコを行っている。新浪が伝えた。

その他の写真

96年に大ヒットした「ラヴソング」は、レオン・ライとマギー・チャン(張曼玉)が主演。中国から夢を抱いて香港へ働きに来た男女の運命に翻弄される愛を描くもの。映画の舞台と同じく、当時は香港返還の前夜で、前年に急死したテレサ・テンの代表曲を映画タイトルとテーマソングに使ったこともあり、大ヒットを記録。97年には米タイム誌による「年間映画トップ10」の第2位に選ばれた。

13年のベネチア国際映画祭でデジタルリマスター版が公開されたが、これが来月にも中国で上映されるという。映画会社・光線影業(Enlight Media Group)によると、具体的な公開日は未定だが、計画を進めている最中とのこと。また、主演のレオン・ライが生まれ変わった「ラヴソング」のため再びアフレコを行い、すでに完成していることも明らかにしている。

中華圏では誰もが知る名作だが、実は中国では未公開だ。中国メディアでは、もし2月14日のバレンタインデーに公開となれば、他のラブロマンス映画を押しのけて興行トップは間違いないだろう、と報じている。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

ランキング