Record China

ヘッドライン:

<続報>商標訴訟に続き問題化か?!嵐を呼ぶ「クレヨンしんちゃん」盗作疑惑―中国

配信日時:2007年7月29日(日) 8時11分
拡大
2007年7月、中国中央テレビの子ども向けテレビチャンネルで放送中の国産アニメ「大口ドゥドゥ」が、日本の人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の盗作ではないかとの批判が反響を呼んでいる。写真は「大口ドゥドゥ」。

2007年7月、中国中央テレビ(CCTV)の子ども向けテレビチャンネルで放送中の国産アニメ「大口ドゥドゥ」が、日本の人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の盗作ではないかとの批判が反響を呼んでいる。エッチな幼稚園児というキャラクター設定や台湾版と声が似ているとの類似だけではなく、舞台設定も中国には見えずまるで日本の街並みだとの指摘が相次いでいる。

アニメ「クレヨンしんちゃん」は日本だけではなく世界的なヒットを記録した人気アニメ。台湾での放送後、海賊版が中国に流入し、人気を博した。日本同様、少し下品な動作と大人をからかうような言動が子どもたちに大人気の一方、教育に悪いと眉をひそめている親も多い。

「クレヨンしんちゃん」の中国名「蝋筆小新」の知名度は極めて高いが、なんとそのグッズの商標権は中国のある企業が保有しているという。中国への流入は海賊版経由で行われたため、日本の販売元である双葉社は当初商標登録などの措置を行わなかった。その間隙をぬって、中国企業は1997年に商標を登録。2005年、双葉社は中国企業を提訴したが、商標登録後の異議申立期間は5年間に限定されているとの理由で敗訴している。(翻訳・編集/KT)

ランキング