Record China

ヘッドライン:

日本の一部反発に「だから世界から嫌われる」、A・ジョリー監督の映画公開―韓国ネット

配信日時:2015年1月12日(月) 23時26分
拡大
10日、米人気女優アンジェリーナ・ジョリーが監督した映画「アンブロークン」が韓国で公開された。日本兵による米軍捕虜の虐待シーンに日本の保守系団体が反発する中、韓国のネットユーザーは「だから世界から嫌われる」などの声を寄せている。資料写真。
(1/2枚)

2015年1月10日、韓国・中央日報によると、米人気女優アンジェリーナ・ジョリーが監督をした映画「アンブロークン」が7日、韓国で公開された。 映画には日本兵による米軍捕虜の虐待シーンがあり、日本の保守系団体が反発。これに対し、韓国のネットユーザーは「だから世界から嫌われる」「現実を直視すべき」などの声を寄せている。

その他の写真

「アンブロークン」は、第二次世界大戦で日本軍の捕虜となった元五輪選手のルイス・ザンペリーニ氏の回想記を基に製作。米軍機の爆撃手だった同氏は日本軍から残酷な虐待を受けたが、信念と勇気をもって生き延びた半生を描いている。

中央日報によると、日本で上映禁止を求める活動に9000人以上が署名したと伝えられたことなどについて、アンジェリーナ・ジョリーは「この映画には美しいメッセージが込められている。捕虜としてつらい時間を過ごしたルイスに敬意を表し、戦争の苦痛を伝えたかった。日本国内の批判は気にしていない」などと述べた。

中国紙・寧波日報は「アンブロークン」(中国語名「堅不可摧」)が中国でも近く公開されると報道。「日本では抵抗に遭い、誹謗(ひぼう)や攻撃さえ受けている」とした上で、「世界で公開され、評価も高い。反省せずに歴史の真相を抹殺しようとする一部の日本人によるこうした行為は唾棄されるべきだ」との専門家の話を紹介している。

戦後70年と重なった映画の公開に、韓国のネットユーザーからは

「日本の蛮行を描いた映画というだけで満足していたが、ストーリーも面白かった」

「日本は自分たちにとって不都合なものは認めない。ドイツ人でナチスの批判を受け入れない人はいない。日本はどんどん世界から孤立すれば?」

「だから日本は世界から嫌われるんだ」

「日本人は逃げていないで、現実を直視するべきだ」

「日本人の論理で言うと、韓国はロビー活動でハリウッドスターに映画を作らせる能力があるということだよね?自分たちができないからって騒いでる」

「日本が騒げば騒ぐほど、米国の映画製作者側の反日感情をあおるだけ」

などのコメントが多く集まった。

「日本の嫌韓ブームがまた拡大するんじゃない?韓国人がアンジーにこの映画を製作するよう頼んだわけでもないのに」

「映画のせいでアジア全体のイメージが悪くなる」

などの意見は“少数派”だった。(編集/KU)

関連記事

韓国でアンジェリーナ・ジョリー監督の反日映画が公開=韓国ネット「日本は世界から孤立すればいい」「韓国が作らせたわけじゃない」

8日、アンジェリーナ・ジョリーが監督を務めた映画「アンブロークン」が韓国で公開されたことについて、韓国のネットユーザーがさまざまな意見を寄せている。写真は米ワシントンの第二次世界大戦記念碑。

Record China
2015年1月9日 15時42分
続きを読む

「A・ジョリー監督は人種差別主義者」日本の国粋主義団体が非難=米国ネット「日本は不愉快な真実と向き合え」

10日、今月25日に全米で公開予定の映画「アンブロークン(原題)」について、日本の国粋主義の組織がアンジェリーナ・ジョリー監督を人種差別主義者と非難したと、米紙が報じた。この報道に米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2014年12月11日 18時35分
続きを読む

日本の上映禁止運動に、A・ジョリー「日本の反発は気にしない」=韓国ネット「嫌韓ブームがまた拡大?」「だから日本は嫌われる!」

2日、韓国メディアによると、新作映画が日本の愛国主義者らの反感を呼んでいることについて、監督のアンジェリーナ・ジョリーが「日本国内の反発は気にしない」と述べた。韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は米国の第二次世界大戦記念碑。

Record China
2015年1月7日 3時34分
続きを読む

韓国で日本の“嫌韓本”の展覧会=「韓国を嫌わない国があるの?」「日中韓はもともと同じ」―中国ネット

11日、日本の出版市場で“嫌韓本”が人気を集めていることを憂慮した韓国の国会議員らが、ソウルの韓国国会図書館のロビーで“嫌韓”書籍・雑誌の展覧会を開催している。中国のネットユーザーはどう見たのか。資料写真。

Record China
2014年11月13日 11時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング