ナスカの地上絵で日本のテレビ関係者が寝そべる、ガイド役考古学者を告発へ―ペルー

配信日時:2015年1月9日(金) 8時31分
ナスカの地上絵で日本のテレビ関係者が寝そべる、ガイド役考古学者を告発へ―ペルー
画像ID  450082
6日、ペルーの世界遺産、「ナスカの地上絵」のすぐ側で、日本のテレビ局の女性ディレクターが寝そべる姿が撮影されたことが問題になっている。写真はナスカの地上絵。
2015年1月6日、ペルーの世界遺産、「ナスカの地上絵」のすぐ側で、日本のテレビ局の女性ディレクターが寝そべる姿が撮影されたことが問題になっている。国際在線が伝えた。

その他の写真

地元メディアによると、問題の映像は2013年に撮影されたもので、ディレクターは地上絵付近を歩くだけでなく、寝そべるなどしていた。

ペルーのアルバレス文科相は、問題の映像は日本のテレビ局が2013年1月にペルー文化省の許可を得て撮影したものだが、地上絵の近くを歩いたり寝そべったりする行為は許可の範囲を超えていたと述べた。

アルバレス文化相は、当時撮影チームに付き添ったペルー文化省の担当官で考古学者のマリオ氏は免職となり、「ペルー文化遺産保護法」違反により、最高8年の禁固刑に処される可能性があると述べた。また、ペルー当局はディレクターの告発も検討しているという。

去年12月8日には、環境保護団体のグリーンピースが地上絵付近に違法に侵入し、黄色いスローガンを設置するなどして大きな非難を浴びるとともに、文化遺産の保護のずさんさにも注目が集まっていた。(翻訳・編集/岡本悠馬)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事