Record China

ヘッドライン:

国産ステルス戦闘機・心神の機体納入遅れに「性能の前に塗装がふしだら」「心神の名前はパイロットをだますため」とあざ笑う声―中国ネット

配信日時:2015年1月9日(金) 8時0分
拡大
7日、中国メディアの新浪は、防衛省が発注した国産初のステルス戦闘機「先進技術実証機」(心神)の機体納入が遅れる見通しであることを伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
(1/2枚)

2015年1月7日、中国メディアの新浪は、防衛省が発注した国産初のステルス戦闘機「先進技術実証機」(心神)の機体納入が遅れる見通しであることを伝えた。

その他の写真

新浪は、ATD―X先進技術実証機について、「本来は3月に納入する予定であったが、製造側の三菱重工は、飛行中に停止したエンジンをいかに再始動するか、テストを通して研究することは安全性を高めると考えており、引き続き研究を進めることになった」と伝えた。

このニュースに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「性能がどうのこうのという前に、なんてふしだらな塗装だ」

「小日本のこの心神は本当に見るに堪えないな」

「あんな空力形状でステルスになるのか?これじゃ第3世代半といったところだね」

「企画から研究開発まですでに10年もかかっているじゃないか」

「また遅れるのか?まるでインドのようだな。3年後にはまた3年遅れると?」

「延期するのは大歓迎です」

「これっておもちゃだろ?」

「小さすぎるだろう。これじゃ何もできない」

「なんて小さいんだ。まさかエンジンは自己開発じゃないよね」

「見たところただのゴミだな。使えたとしてどうだというのだ?エンジンの推力がいくらもないのに」

「推力がダメダメ。こんなの出してきてもゴミになるだけ」

「小日本は海軍で頑張れば?空軍はF35を買った方が安いって」

「心神なんて名前はパイロットをだますためのものだ。パイロットはこの名前を見て心の中で『これは神だ』と妄想するから、心神というのだろう」(翻訳・編集/山中)

関連記事

日本の国産戦闘機・心神が初飛行へ、中国のネットユーザーからは「風船のおもちゃ?」「100メートルくらいは飛べそうだ」とあざ笑う声

30日、新浪軍事は、日本の国産ステルス戦闘機・心神の初飛行テストが、2015年1月中旬にも行われる見通しであることを伝えた。これに対して中国のネットユーザーからはあざ笑うコメントが多く寄せられた。資料写真。

Record China
2015年1月3日 9時18分
続きを読む

米サイトの「殲―20は最終進化に近づいたが、エンジンはいまだ開発中」報道に「核兵器が作れてなぜエンジンが作れない?」―中国ネット

25日、環球網は、殲―20が最終進化に近づいたものの、エンジンに問題があると米国サイト「medium」が報道したことを伝えた。写真は10年11月、広東省珠海の空港に到着した中国空軍のアクロバットチーム「八一表演隊」の戦闘機「殲10」。

Record China
2014年12月27日 7時46分
続きを読む

「戦闘機開発で中国がアジアナンバーワンに!」の報道に、「よく恥ずかしげもなく言えるな」「日本はアジアじゃないとでも?」―中国ネット

19日、環球網は、中国が開発中のステルス戦闘機・殲−20が地上テストを開始し、間もなく飛行テストも行われる見通しであることを伝えた。しかし中国のネットユーザーからは懐疑的なコメントが多く寄せられた。写真は殲−20。

Record China
2014年12月21日 3時3分
続きを読む

ランキング