Record China

ヘッドライン:

中国人から見る“日本定住”の注意点=「包容力があり環境良好だが、在日中国人に要注意」―中国ネット

配信日時:2015年1月12日(月) 18時2分
拡大
5日、中国のネットに、「日本に定住するメリットとデメリット」と題したスレッドが立ち、スレッド主は中国人にとって日本に定住する上で留意すべき点について紹介した。資料写真。
(1/2枚)

2015年1月5日、中国のネットに、「日本に定住するメリットとデメリット」と題したスレッドが立ち、スレッド主は中国人にとって日本に定住する上で留意すべき点について紹介した。

その他の写真

スレッド主は日本に定住するメリットとして、「法整備が行き届いているため安全。包容力があり、どんなに奇抜な格好をしていても個性とみなされる。さらに、アルバイトでも月20万円を稼ぐことは難しくはないため、経済的にも安定できる。そして、張り巡らされた便利な交通網に世界中の美食が集まっている点、澄んだ青空は忘れてはいけない美点」と紹介。

一方、デメリットについては、「日本は1年中自然災害に見舞われている。春は花粉が飛び、夏の梅雨では大雨が降り、秋には台風、冬には豪雪が発生する。さらに、所得税、消費税、住民税など、定住した場合多くの税金を負担することになる。また、人間関係にも注意すべきだ。中国人は欧米人に比べ日本人と友人関係を築くのが困難で、日本人に受け入れられるには相当の時間が必要。同胞にも注意すべき。日本では中国人同士がトラブルを起こし、中国人が中国人を騙すことが少なくないからだ」とつづった。

これに対しネットユーザーからは、「メリットとデメリットを並べると、メリットの方が大きいと感じる。人間関係は個人のコミュニケーション能力でカバーできるし、在日中国人に対する警戒心を持てば、ある程度のトラブルは回避できると思う。自然災害はどうしようもないが、日本に定住するメリットは中国では得られない」と日本の定住に肯定的な意見が多く見られた。(翻訳・編集/内山

関連記事

魅力を失った日本に海外の人材はやって来ない、まずは単一民族心理を捨てよ―日本華字紙

日本華字紙・日本新華僑報は、「国家株式会社」という発想を捨てない限り日本は海外の人材を招聘できないとの記事を掲載した。入管法の改定が閣議決定されたが、日本人が発想を変えない限り優秀な人材の招聘は難しいと指摘している。写真は東京・新橋。

Record China
2014年3月16日 16時40分
続きを読む

ランキング