「ネット上の日本称賛を鼻で笑っていたが…」、反日の中国人が日本で“満喫”したこと―中国ネット

配信日時:2014年11月14日(金) 11時9分
「ネット上の日本称賛を鼻で笑っていたが…」、反日の中国人が日本で“満喫”したこと―中国ネット
画像ID  443195
7日、中国のインターネット上に7日間の旅行で日本の印象が変わったという文章が掲載された。写真は日本のコンビニ。
2014年11月7日、中国のインターネット上に7日間の旅行で日本の印象が変わったという文章が掲載された。

その他の写真

日本に行く前、私は日本が嫌いだったと言っていい。ネット上で日本の素晴らしさを紹介する文章などを見て、「一部の親日家が美化して書いているだけだ」と鼻で笑っていた。私はこの目で見たものしか信じないという原則を貫いていた。そんな中で先日、私はついに日本に行く機会を得た。

関西国際空港に到着した飛行機から一歩足を踏み出した瞬間、私はめまいがした。錯覚なのか何なのかわからないが、吸い込む空気は何とも言えないよい香りがした。花のようなかぐわしい匂いではないが、いずれにしろ心地よかった。その感覚をどう形容すればいいのか、「中国とは違う」としか表現できない。

空港の窓から外を見ると、空は青く、雲は真っ白だった。もう何年も見渡す限りの青空というのを見ていなかった。まるで、子どものころに過ごした農村に戻ったかのような感覚を覚えた。

私がその日宿泊したホテルでは、日本を体験するために特別に和室を予約した。日本のアニメでよく目にする畳の部屋だ。広くはないが、異常なほど清潔に保たれている。落ち着くとすぐに近くのコンビニに出かけて、カップラーメンやヨーグルトなどを見つくろって買ってきた。物価は上海と比べても、理不尽なほど高くはない。カップラーメンはうまかった。

そして、なんといってもコンビニの店員だ。彼らは非常に文明的で礼儀正しい。特に、レジの女の子の動作を注意深く観察した。彼女はお釣りを渡すとき、一方の手で私の伸ばした手にお金を置き、もう一方の手で私の手の甲を支えた。お釣りが間違ってこぼれてしまわないようにとの配慮だ。そして、レシートを渡すときも両手だった。この間、ずっと笑顔を絶やすことなく、とてもかわいらしかった。店に入ってから出るまで、私はずっとサービスを満喫した。そう、“満喫”したのだ。よく言われる「お客様は神様」という言葉を実感した瞬間だった。(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事