中国とロシアの戦闘機による航空ショー、女性パイロットが脚光浴びる―中国

配信日時:2014年11月7日(金) 19時14分
中国とロシアの戦闘機による航空ショー、女性パイロットが脚光浴びる―中国
画像ID  442327
6日、中国空軍のアクロバットチーム・八一飛行表演隊が使用する殲−10戦闘機と、ロシア空軍のアクロバットチーム「ロシアンナイツ」が使用するSu-35が、今月5日昼頃に珠海空港に到着した。
2014年11月6日、中国空軍のアクロバットチーム・八一飛行表演隊が使用する殲-10戦闘機と、ロシア空軍のアクロバットチーム「ロシアンナイツ」が使用するSu−35が、今月5日昼頃に珠海空港に到着した。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

第10回中国国際航空宇宙博覧会珠海執行委員会弁公室副室長、珠海エアショー有限公司総経理の周作徳(ジョウ・ズオダー)氏は、「中国の女性戦闘機パイロットが、エアショーで殲−10戦闘機を操縦し、曲技飛行を初披露する」と表明した。

関連資料によると、中国空軍が1951年に第1陣となる女性パイロットを募集してから現在までに、すでに500人以上の女性パイロットが大空を駆け巡り、軍事演習、人命救助、人工降雨、航空探査、科学研究飛行などの任務を遂行している。

Su−35は第4.5世代大型戦闘機で、長距離航行、多用途、対空戦特化、高い攻撃力などの特徴を持つ、ロシアで最も先進的な戦闘機のひとつだ。資料によると、Su−35の作戦半径は1580kmに達し、その機動性・武器・最高飛行速度は米国のF−35に匹敵する。(提供/人民網日本語版・翻訳/YF・編集/武藤)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事