南シナ海で大規模な油ガス田を発見―中国

配信日時:2014年9月16日(火) 23時20分
南シナ海で大規模な油ガス田を発見―中国
画像ID  436222
16日、中国海洋石油有限公司が今月15日に発表した情報によると、石油掘削プラットフォーム「海洋石油981」は南シナ海北部の深海エリアにある陵水17−2ガス田の試験で、大量の油・ガスを掘削した。
2014年9月16日、中国海洋石油有限公司が今月15日に発表した情報によると、石油掘削プラットフォーム「海洋石油981」は南シナ海北部の深海エリアにある陵水17−2ガス田の試験で、大量の油・ガスを掘削した。試験段階の天然ガスの日産は5650万立方フィートで、9400バレルに相当する。中国の領海内における自主深海調査で、大型油ガス田が見つかったのは、これが初めてだ。人民日報海外版が伝えた。

その他の写真

陵水17−2ガス田の試験は、3つの「初」を実現した。
(1)同プラットフォームは、深海試験に初めて成功した。
(2)同社は深海自主調査で、初めて高生産量の油ガス田を発見した。
(3)独自に開発した深海モジュール化試験装置が初めて使用された。

中国の南シナ海の石油ガス資源は豊富で、そのうち70%が深海に位置し、調査が極めて困難だ。陵水17-2ガス田の発見は、中国の南シナ海の豊富な石油ガス資源の潜在力を証明した。これは中国が深海石油ガス開発の能力を形成したことを意味する。(提供/人民網日本語版・翻訳/YF・編集/武藤)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事