ジャッキー息子の大麻騒動でタレント2人を拘束、韓国ユニットのメンバーも―中国

配信日時:2014年8月28日(木) 19時36分
ジャッキー息子の大麻騒動でタレント2人を拘束、韓国ユニットのメンバーも―中国
画像ID  433889
27日、俳優ジェイシー・チャンが違法薬物使用の疑いで拘束された騒動で、2人の女性タレントが同時に拘束されていたことが明らかになった。
2014年8月27日、俳優ジェイシー・チャン(房祖名)が違法薬物使用の疑いで拘束された騒動で、2人の女性タレントが同時に拘束されていたことが明らかになった。新浪が伝えた。

その他の写真

ジャッキー・チェンの息子で俳優のジェイシー・チャンは14日、違法薬物使用の疑いで北京公安局に身柄を拘束された。自宅マンションからは大麻110グラムが発見され、2006年から使用していたと報道されている。

当時はジェイシーのほかに、その付き人と運転手、台湾の人気俳優コー・チェントン(柯震東)を含む男女6人が拘束されている。その中の2人が、女性タレントの洛詩(ルオ・シー)、韓国の女性ユニットRaNiaの中国人メンバーだったYijo(常一嬌)であることが明らかになった。

洛詩が所属しているのは、香港最大手の芸能プロダクション・英皇娯楽集団(EEG)。同社によると、洛詩とは連絡が取れない状況にある。身柄の拘束については正式に知らされていないので、「コメントを差し控えたい」としている。

ジェイシーやチェントンの大麻パーティーに関わった人物は120人に上るとされる。“取り巻き”メンバーだった複数の女性を取り調べ中との情報もあり、芋づる式に名前が出てくる可能性も高い。今後も名の知れたタレントが浮上するのかどうか、高い関心を集めている。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事