韓国のバッテリーに注文殺到、「春が来た」と韓国メディア

配信日時:2019年1月21日(月) 10時50分
韓国のバッテリーに注文殺到、「春が来た」と韓国メディア
画像ID  1060440
18日、韓国・朝鮮ビズは「殺到した注文は175兆ウォン(約17兆円)、韓国バッテリーに春が来た」との見出しで、韓国バッテリーブームの実態を報じた。資料写真。
2019年1月18日、韓国・朝鮮ビズは「殺到した注文は175兆ウォン(約17兆円)、韓国バッテリーに春が来た」との見出しで、韓国バッテリーブームの実態を報じた。

記事によると、韓国のサムスンSDI、LG化学、SKイノベーションなど電気自動車(EV)用バッテリー業者は昨年、175兆ウォンを超える過去最大規模の受注を達成した。昨年1年間の新規受注だけで110兆ウォンに達したという。

記事は「販売競争では日中に押され気味だったが、米国のGM、フォード、ドイツのフォルクスワーゲン、BMW、ダイムラー、フランスのルノー、英国のジャガーランドローバーなど欧米の自動車メーカーがEV事業に本格参入し、韓国メーカーへの発注を増やしていることから、大規模の受注で逆転の足掛かりをつかんだ」と説明。また「半導体、スマートフォン、ディスプレーなど既存の主力IT産業の成長が頭打ちとなる中、バッテリーが成長をけん引することに期待が高まっている」と伝えている。

しかし業界からは「受注急増だけで安心するのは早い」との声も出ている。韓国経済研究院が今月17日に発表した報告書で「現在、韓国のバッテリー産業の競争力は日中より遅れている。韓国のバッテリーは技術力で日本にかなわず、成長潜在性で中国よりも格下」と分析されたためという。バッテリー業界関係者は「結局、勝負どころは安定性と効率を最大化する次世代技術の確保と安定的な供給能力。首位奪取は難しいが、トップ3への返り咲きは有望だ」と分析したという。

これを受け、韓国のネット上では「韓国の限りない発展をお祈りします」「そのお金が雪のように舞降ってきますように」など願う声が上がる一方、「韓国経済は終わったんじゃなくて?」「昨日は韓国の経済力をたたいたかと思えば、今日はもう経済力が最強だって?」など疑いの目も向けられている。

また、「いくら受注と利益が増えても意味ない。大企業は国内に投資せずに人件費の安い中国や東南アジアに工場を建ててウハウハ言ってる」「中国に工場を建てるのだけはやめてね。技術力を奪われちゃう」「中国に工場を建てた会社の未来は不安。中国は共生できる国じゃない」など警鐘を鳴らすコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事