マレーシア航空、一部欧州路線で受託手荷物を一時的に制限=季節外れの強風で長いルート運航―マレーシア華字紙

配信日時:2016年1月7日(木) 5時30分
マレーシア航空、一部欧州路線で受託手荷物を一時的に制限=季節外れの強風で長いルート運航―マレーシア華字紙
画像ID  496812
5日、マレーシア華字紙・東方日報によると、マレーシア航空は、同日夜以降にクアラルンプール国際空港を出発する一部の欧州路線で、受託手荷物サービスに一時的に制限を設けると発表した。写真はクアラルンプール国際空港。
2016年1月5日、マレーシア華字紙・東方日報によると、マレーシア航空は、同日夜以降にクアラルンプール国際空港を出発する一部の欧州路線で、受託手荷物サービスに一時的に制限を設けると発表した。

理由については「季節外れの強風により、現在、エジプト経由の長いルートを運航し、より多くの燃料を消費するため、安全面を考慮した」としている。

発表では「機内持ち込み手荷物は、エコノミークラスは7キロ以内を1個まで、ファーストクラス・ビジネスクラスは7キロ以内を2個まで。受託手荷物は遅れて到着することになる」としている。

マレーシア航空はその後、情報を更新し、ロンドン線のエアバスA380型機については制限を設けないと発表した。またアムステルダム線とパリ線については、この制限は5日と6日の便で適用されるとした。(翻訳・編集/柳川)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事