AKB48ステージデビューの馬嘉伶が「台湾の光」仲間入り、早くもネット界の洗礼―台湾

配信日時:2015年12月18日(金) 0時10分
AKB48ステージデビューの馬嘉伶が「台湾の光」仲間入り、早くもネット界の洗礼―台湾
画像ID  495478
15日、AKB48の台湾研究生となった馬嘉伶(マ・チャリン)が初めて日本でステージに立った。今年は韓国のユニット・TWICEでデビューしたツウィ(TzuYu/周子瑜)が話題になったが、馬嘉伶も新たな「台湾の光」として注目の存在に。また、早くもネット界の洗礼を浴びている。写真はTWICE。
2015年12月15日、AKB48の台湾研究生となった馬嘉伶(マ・チャリン)が初めて日本でステージに立った。今年は韓国のユニット・TWICEでデビューしたツウィ(TzuYu/周子瑜)が話題になったが、馬嘉伶も新たな「台湾の光」として注目の存在に。また、早くもネット界の洗礼を浴びている。快点TVが伝えた。

その他の写真

15日、東京で開催された「AKB48紅白対抗歌合戦」で、今年2152人の中から選ばれた台湾研究生・馬嘉伶がステージデビューを果たした。10月にデビューした韓国のガールズユニット・TWICEには台湾人メンバーで16歳のツウィが在籍。海外で奮闘する台湾発美少女として注目されているが、馬嘉伶も新たな注目株として話題が急浮上している。

台中市出身で18歳の馬嘉伶は、台北市内の大学に通う学生だったが、オーディションを勝ち抜いたことで休学を決め、日本へ渡った。ツウィと並び「台湾の光」と言われることについては、「台湾人としての誇りを持ち、今後はますます努力したい」と語っている。

台湾の電子掲示板サイトのAKB48ページや、美女やタレントを紹介する「PTT表特板」(beauty)には早くも馬嘉伶が登場。彼女のフェイスブックやインスタグラムはすでに閉鎖されているが、今夏のオーディションでの様子や、恋人がいたかどうかなど、過去の情報を探る人の書き込みが数多く見られ、早速ネット界の洗礼を浴びている。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事