韓国の観光ガイド、「何も買わないなんて平気なの?絶対に買いなさい!」と中国人観光客に買い物強要―中国メディア

配信日時:2015年10月10日(土) 14時54分
韓国の観光ガイド、「何も買わないなんて平気なの?絶対に買いなさい!」と中国人観光客に買い物強要―中国メディア
画像ID  488672
8日、中国・江西省南昌市の女性は、韓国旅行の際に「韓国ガイドからひどい仕打ちを受けた」と憤慨している。写真は韓国・ソウル。
2015年10月8日、中国・江西省南昌市の女性は、韓国旅行の際に「韓国ガイドからひどい仕打ちを受けた」と憤慨している。大江網が伝えた。

その他の写真

女性は国慶節連休(建国記念日、1日〜7日まで)を利用し、5泊6日のソウル・済州島の観光ツアーに参加。同ツアーでは、「消費を強制しない」「買い物は顧客の自由」と関連書類に明記していたが、4カ所のショッピングスポットのうち、最初の2カ所で誰も買い物をしなかったことに韓国のガイドが納得しなかった。観光客30人ほどを乗せたバスの中で韓国のガイドは、「何も買わないなんて平気なの?」「ツアー契約時にサインしたんだから、絶対に買いなさい!」とバスの発車を待たせ十数分間に渡り中国の観光客に買い物を強要したという。

中国人女性によると、同ツアーでは「強制消費」だけでなく、事前通知なしの行程変更もあった。ツアーの変更により、女性は行きたかったソウルのカジノに行けなくなり、ホテルに戻りたいと要求すると、「どうしても離脱したいなら、パスポートを提出し離脱費1000元を払いなさい」とガイドが突っぱねたという。

ツアーの行程変更は参加者全員のサインが必要だと決められていたが、ガイドからは変更に関する説明はなく、ツアー最終日の7日に変更に伴うサインを求められたという。女性は「騙された」と腹を立て、サインを拒否した。

8日、ツアーを販売した中国の旅行会社に女性が動画と録音データを提示すると、旅行会社は事実確認のため調査を行い48時間以内に返答すると答えた。

中国では買い物の強要は禁じられており、違反した場合罰金などの処罰が科せられる。今回の件について南昌市の関連部門は、「強制消費」の疑いがあれば調査を行うとしている。(翻訳・編集/内山
最新ニュースはこちら

SNS話題記事