韓国の人気番組MC、日本の“強制徴用”生存者を訪ね涙=韓国ネットに感動の嵐「涙と鼻水が止まらない」「外国語字幕を付けて世界に広めよう」

配信日時:2015年9月7日(月) 14時17分
韓国の人気番組MC、日本の“強制徴用”生存者を訪ね涙=韓国ネットに感動の嵐「涙と鼻水が止まらない」「外国語字幕を付けて世界に広めよう」
画像ID  484502
5日、韓国MBCのバラエティー番組「無限挑戦」で、番組MCユ・ジェソクらが日本の「強制徴用」跡地に今も暮らす韓国人を訪ねた模様が放送され、韓国のネットユーザーから大きな反響が起こった。資料写真。
2015年9月5日、韓国MBCの人気バラエティー番組「無限挑戦」で、番組MCユ・ジェソクとタレント・ハハが日本の「強制徴用」跡地に今も暮らす韓国人を訪ねた様子が放送され、韓国・OSENなど複数のメディアがこれを報じた。

その他の写真

5日の放送は、番組メンバーが海外に暮らす韓国人に故郷の味を届けるシリーズ企画の第3回。アジア担当のユ・ジェソクとハハは、京都府宇治市ウトロ地区に暮らす在日韓国・朝鮮人に心のこもった食事を届けた。番組ではこの地区について、太平洋戦争下の1941年、軍用飛行場建設のために朝鮮半島出身者1300人余りが強制徴用された場所と紹介。150人余りとなった韓国人のうち唯一残る第1世代のカン・ギョンナムさん(91)が、不法占拠だとして退去命令に苦しめられていること、地区にはいまだに下水道設備が設置されていないことなどを語った。

日本の差別とカンさんのつらい半生に涙を流し、言葉を詰まらせたメンバーの2人。これについて、韓国のネットユーザーからは感動のコメントが数多く寄せられている。

「本当に悲しい」
「今日も泣かされた」
「涙と鼻水が止まらない」
「歴代最高の『無限挑戦』だった」

「日本の態度に怒りが込み上げる。強制徴用しておきながら、下水道設備も作らず、強制退去命令とは…」
「韓国外交部よりも『無限挑戦』の方がはるかに上」
「感動をありがとう。おばあさん、これからも健康でお幸せに」

「ユ・ジェソクさんが泣いたのを久しぶりに見た」
「外国語の字幕を付けて、世界に広めよう。でも、悔しくて来週の軍艦島の放送を見る勇気が出ない」
「日本は過去の出来事について反省し、謝罪し、補償しろ!」
「日本はまだ歴史歪曲(わいきょく)を続けるのか。ウトロ地区を撤去するなどとんでもない」(翻訳・編集/和氣)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事