日本企業の大規模なR&D、韓国企業の大きな脅威に=「韓国は永遠に日本のカモ」「日本は開発投資、韓国は崩壊へ」―韓国ネット

配信日時:2015年8月14日(金) 9時0分
日本企業の大規模なR&D、韓国企業の大きな脅威に=「韓国は永遠に日本のカモ」「日本は開発投資、韓国は崩壊へ」―韓国ネット
画像ID  480514
10日、韓国メディア・韓国経済は、日本の主要企業が研究開発に大規模な資金を投入している現状を伝えた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真はトヨタショールーム。
2015年8月10日、韓国メディア・韓国経済は、日本の主要企業が研究開発(R&D)に大規模な資金を投入している現状を伝えた。

その他の写真

日本メディアが実施した「2015年度研究開発活動調査」によると、主要268社の日本企業が15年度に計画しているR&D投資額は11兆7940億円で、前年度の投資額より4.7%増加する見通しだ。これは、昨年12月決算の韓国496社上場企業の純利益(連結ベース61兆ウォン〔約6兆4700億円〕)の2倍に迫る規模だ。

日本企業のR&D投資は6年連続で増加しており、回答企業の3分の1の111社が史上最大規模のR&D投資を計画している。企業別ではトヨタ、ホンダ、日産などの自動車3社が1〜3位を占めた。トヨタは、燃料電池車などのエコカーと安全運転支援のための人工知能の開発など、今年だけで過去最大の1兆500億円を投資する計画で、前年比4.5%増の規模だ。電気機械業種では、ソニーが半導体などに4900億円を、パナソニックがロボット技術と住宅関連部門に4700億円を投資する。

専門家は、「日本のメーカーは一般製造業では中国に打ち勝つことは難しいことを認識して、エコカー、ロボット、航空機などの高付加価値製品に集中している」とし、「日本企業の大規模なR&D投資が業績不振で投資余力が減少している韓国企業に今後大きな脅威になるだろう」と述べた。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「うらやましいとしか言いようがない」
「さすが日本だ」
「みんな日本に移民して、日本国民になろう」

「韓国は永遠に日本のカモにしかなれない」
「日本と韓国は国の格自体が違う、比較するな」

「現代自動車は大丈夫か?本気で心配している。韓国経済はこのまま崩れるんじゃないかと…」
「研究開発費が誰かの懐に消えていく韓国では望むべくもないことだ」

「日本は将来の収益源の開発にひた走り、韓国は国内市場の奴隷化に一生懸命」
「中国は技術力を上げ、日本は研究開発へ投資、韓国は崩壊へ」(翻訳・編集/三田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事