中国人搭乗客に緊張走る!防護服姿のチームが韓国人グループを昆明空港で隔離=MERSウイルス持ち込みに不安の声―中国メディア

配信日時:2015年6月10日(水) 17時20分
中国人搭乗客に緊張走る!防護服姿のチームが韓国人グループを昆明空港で隔離=MERSウイルス持ち込みに不安の声―中国メディア
画像ID  471369
10日、南海網は、韓国で流行中の中東呼吸器症候群(MERS)をめぐり、中国国内でも緊張が走っている様子を紹介した。資料写真。
2015年6月10日、南海網は、韓国で流行中の中東呼吸器症候群(MERS)をめぐり、中国国内でも緊張が走っている様子を紹介した。

その他の写真

インターネットユーザーの書き込みを紹介したもので、このネットユーザーが9日、湖北省武漢市から雲南省昆明市に向かう東方航空機に乗った際、7〜8人の韓国人も搭乗していたが、目的地の昆明に到着したところで白い防護服にマスク姿のチームが機内に乗り込み、韓国人を隔離したという。その後、乗客全員に対して検温などの措置が取られ、マスクが配られた。

この情報を紹介したネットユーザーは「MERSの疑いがあるから隔離されたのではないか」と指摘し、別の乗客からも「韓国人がウイルスを持ち込んだのならば、乗客全員が足止めされる」と不安の声が上がっている。(翻訳・編集/野谷
最新ニュースはこちら

SNS話題記事