コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

<写真特集>租界時代の洋館が建ち並ぶエリア―天津五大道

配信日時:2017年7月8日(土) 15時40分
画像ID  570014
中国出身の呂厳が、天津市の中心に位置する五大道を紹介する。
中国出身の呂厳(リュー・イエン)が、天津市の中心に位置する五大道を紹介する。

天津中心部の南側にある五大道は、1860年12月17日に英国租界とされた。1911年の辛亥革命後は北京で暮らしていた清朝皇帝の数多くの親族が天津租界に仮の住まいを構え、さらに豪商や各界の名士、北洋軍閥政府時代(1912〜1928年)の要人もここに足跡を残している。大統領や総理、省長、市長など100人余りが下野後にここで仮住まいしたのだ。

1920〜30年代、五大道にはさまざまな国の様式で2000軒余りの洋館が建てられた。エリアの広さは1平方キロメートルを超える。最も典型的とされる約300軒のうち、英国式は89軒、イタリア式は41軒、フランス式は6軒、ドイツ式は4軒、スペイン式は3軒。このほか、ルネサンス式やバロック式、古典主義や折衷主義、中国と西洋の要素を融合した建物などもあり、「万国建築博覧会場」とも称される。現在の中国で最も整った状態で残されている洋風建築群だ。(編集/野谷)

●呂厳(リュー・イエン)
4人家族の長男として文化大革命終了直前の中国江蘇省に生まれる。大学卒業まで日本と全く縁のない生活を過ごす。23歳の時に急な事情で来日し、日本の大学院を出たあと、そのまま日本企業に就職。メインはコンサルティング業だが、さまざまな業者の中国事業展開のコーディネートも行っている。1年のうち半分は中国に滞在するほど、日本と中国を行き来している。興味は映画鑑賞。好きな日本映画は小津安二郎監督の『晩春』、今村昌平監督の『楢山節考』など。
おすすめ記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事