コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

<写真特集>在日中国人が見た日本の春

配信日時:2017年4月1日(土) 15時0分
画像ID  556707
2003年に留学生として来日して以来、好奇心をたたえた目線で日本の四季や風物、暮らしの風景を見つめ続ける朱不二さん。その驚きや喜びを伝えたいと08年にカメラを握り、09年からはウェブを通じてその作品を発表している。
2003年に留学生として来日して以来、主婦として日本に根を下ろした現在も変わらず日本の文化に魅了され、好奇心をたたえた目線で日本の四季や風物、暮らしの風景を見つめ続ける朱不二(ジューブーアル)さん。その驚きや喜びを伝えたいと08年にカメラを握り、09年からはウェブを通じてその作品を発表している。てらいのない素直な視点が伝える日本は、そのありのまま、等身大の姿を中国に伝え、それが新鮮なリアリティーとなっている。

塵ひとつないかのように透明で、ニュートラルで、それでいて日本への愛情と生活への愛着をたっぷり秘めた作者の観察眼がよく伝わってくる写真だ。例えば、パート先で従業員用お手洗いを使用した際、窓から覗いた野の花に目が留まり、思わずシャッターを切る。忙しい時間の隙間を縫って、心に文字通りの花が咲く。さりげない日常風景に感動を見出す異邦人の目線と、季節をめでる日本人の感性をも併せ持った朱さんの作品。日本人が見ても、特別な発見に満ちたものばかりだ。

「春」を主題とした作品をまとめて紹介してもらった。新しい生命の芽吹きと春の到来を喜ぶ気持ちが溢れてはいるが、なぜかとても静謐な写真たち。「春爛漫」という言葉から連想される華やかさ、豊かさ、ふくよかさ、はつらつとした気分はなく、しみじみとした味わい深い喜びにゆっくり満たされるかのようだ。それはそのまま、作者自身が抱いている、いつでも静かで穏やかな“日本の美”のイメージだそうだ。(文/山上仁奈)

●朱不二(ジューブーアル)
中国出身。本名は朱迎春(ジュー・インチュン)。2003年に留学生として来日し、比較文化学を専攻。名古屋大学卒業、文学修士。主婦として日本に残り、2008年に撮影を開始。自然や日本の美に魅了され、趣味の旅行や普段の生活の中で、日本の四季や美しい景色を撮り続けている。写真を通して日本の文化や生活、環境保護などを中国に紹介、BBSサイトで発表した作品「行撮日本」は大きな反響を呼んだ。代表作に「桜」「盛夏の記憶」「秋の恋」「暖かな冬の日」など。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ste***** | (2017/04/01 18:34)

    満開の桜や全山紅葉の風情は確かに誰しもが美しいと感じるだろう。 でも、川べりを歩いてふと足元にめをやったとき、小さなつくしが淡く幽かな色を見せている姿に得も言われぬ風情を見出すのが「日本人の心」なのだ。 利休の「一輪挿し」を持ち出すまでもなく、山歩きの途中で目にする二人静なんて「儚い美しさってこういうのを言うんだ」と思わず納得してしまう。 この方の写真を拝見していると、そんな日本人の「心」を解っていただけているんだなと、素直に伝わってくる。嬉しい限りである。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する