<写真特集>昭和の時代に建てられた日本の巨大団地、中国人カメラマンが師走の1シーンを撮る

配信日時:2016年12月30日(金) 23時0分
画像ID  539077
日本で長年生活している中国出身のカメラマン、呂厳が東京にある巨大団地の師走の光景をカメラに収めた。
2016年も残すところ、あと1日となった。日本で長年生活している中国出身のカメラマン、呂厳(リュー・イエン)が東京にある巨大団地の師走の光景をカメラに収めた。

呂が撮影したのは自身の家の近くにある高島平団地(板橋区)だ。都営三田線の駅前にあるこの団地の完成は1970年代。呂の年上の友人によると、「当時は毎日のように見学者が大型バスに乗って訪れていた」。あの頃の若者にとって都会の巨大団地に住むことは人生の目標の1つだったのだ。瞬く間に40年以上の月日が流れたが、手入れの行き届いた空間は今も保たれたままだ。(編集/野谷)

●呂厳(リュー・イエン)
4人家族の長男として文化大革命終了直前の中国江蘇省に生まれる。大学卒業まで日本と全く縁のない生活を過ごす。23歳の時に急な事情で来日し、日本の大学院を出たあと、そのまま日本企業に就職。メインはコンサルティング業だが、さまざまな業者の中国事業展開のコーディネートも行っている。1年のうち半分は中国に滞在するほど、日本と中国を行き来している。興味は映画鑑賞。好きな日本映画は小津安二郎監督の『晩春』、今村昌平監督の『楢山節考』など。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2016/12/31 11:21)

    社会主義の中国こそ団地が似合うのではないか。いっそ国全体を団地にして無料で入居できるようにすればいい。最近は高層ビルばかりで、本当に社会主義かと疑問に思う。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2016/12/31 10:27)

    団地って響きにはなんとなく郷愁を感じたりもするが、住人みんなが仲良ければ、居心地も良いのかもしれないけどね。 人が密集すればトラブルも多発するのが常だし、変な派閥みたいなものも出来たりして実に面倒くさい。 ネットが発達した現代なら、田舎暮らしは充分に魅力的だ。 まあ、田舎過ぎても息苦しい人付き合いは多いから、「程よく田舎」「地方都市」くらいの匙加減が丁度いい。
    このコメントは非表示に設定されています。
おすすめ記事

アンケート

トランプ氏訪日で期待することは?
投票する

SNS話題記事