2050年頃に有人火星探査を実施=中国科学院が計画を発表―中国

配信日時:2009年6月12日(金) 14時48分
  • 画像ID 207750
写真を大きなサイズで!
10日、中国科学院が発表した報告によると、中国は30年頃に月面着陸を成功させ、50年頃には有人火星探査を行う計画であることが分かった。写真は昨年10月、北京で開かれた科学普及展。有人宇宙船「神舟7号」や月周回衛星「嫦娥1号」の模型などが展示された。
2009年6月10日、中国科学院が発表した「革新2050年:科学技術革命と中国の未来」と題した報告によると、中国は2030年頃に月面着陸を成功させ、2050年頃には有人火星探査を行う計画であることが分かった。11日付で重慶晨報が伝えた。

そのほかの写真

同院が発表した2050年までの計画によると、中国は2020年頃に火星探査機を火星に到着させ、宇宙飛行士を長期滞在させる宇宙ステーションを建設する。2030年頃には深宇宙探査機を打ち上げ、木星など火星以外の惑星探査を実現させる。2050年頃には深宇宙探査機を太陽系から離脱させ宇宙空間に突入させるという。(翻訳・編集/NN)

関連記事:

中国初の火星探査機「蛍火1号」がモスクワに到着=打ち上げは10月―中国紙

8日、今年10月に打ち上げが決まった中国初の火星探査機「蛍火1号」が、ロシアのモスクワに運ばれたと中国メディアが報じた。写真は火星。

初の火星探査機「蛍火1号」、09年打ち上げへ―中国

8日、中国初の火星探査機「蛍火1号」が09年に打ち上げられる。8種類の測定機器を搭載し、火星とその第1衛星の撮影や、火星の水源、生命の痕跡などの探査を行うという。写真は03年8月27日、約5万年ぶりに地球と火星が大接近した様子を表した図。

火星探査機、来年打ち上げ=ロシアと協力し周回軌道に―中国

11月3日、09年9月に中国初の火星探査機がロシアのロケットで打ち上げられることが明らかになった。火星周回軌道に乗り、空間環境や太陽風、周囲の磁場などを観測する予定。写真は中国航天科技集団公司製の月面巡視探測器。

「フォボス・ソイル」火星探査機、中国の小型衛星を搭載―ロシア

30日、ロシアのフォボス・ソイル探査機が中国の小型衛星を搭載して打ち上げられると、ロシアメディアが報じた。中国の訪問団がロシアを訪れている。写真は07年10月25日、「嫦娥一号」の打ち上げを記念して開かれた中国航天技術展。

初の火星探査機「蛍火1号」、2009年に打ち上げ!―中国

12月3日、中国初の火星探査機「蛍火1号」は2009年10月に打ち上げ予定との報道が。計画では2010年9月に火星に接近。周回し撮影した画像を地球に向けて送るという。
おすすめ記事
  • 最新
  • 時事
  • 国際
  • 社会
  • スポーツ
  • エンタメ
  • 地域
  • 経済
  • 文化
  • 広場
  • 話題
最新ニュースはこちら

総合トピックス

SNS話題記事

総合アクセスランキング

最新ニュース