あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

店員が軍服姿で「日本兵を倒す」!デパートのイベントに「歴史を商業化するな」と非難相次ぐ―中国

配信日時:2014年7月29日(火) 11時2分
店員が軍服姿で「日本兵を倒す」!デパートのイベントに「歴史を商業化するな」と非難相次ぐ―中国
画像ID  430341
28日、山西省太原市のデパートで、店員が八路軍に装って日本兵を倒すパフォーマンスが行われ、買い物客の注目を集めた。
2014年7月28日、網易新聞によると、山西省太原市のデパートで、店員が八路軍に装って日本兵を倒すパフォーマンスが行われ、買い物客の注目を集めた。

八路軍は日中戦争時の中国共産党軍の通称。店員は八路軍の軍服に身を包み、手には大きな刀やライフルなどを持ち、日本兵役の人物に切りつけるなどのパフォーマンスを行った。デパート側は「消費者に歴史を忘れさせないために、盧溝橋事件(7月7日)の記念日以降、継続して抗日戦闘をテーマとした販促イベントを行っている」と話している。

このニュースに、中国のネットユーザーは多数のコメントを残している。以下はその一部。

「くだらないことするなあ」
「バカばっかり」
「勝手に自己満足しているがいい」

「日本人も笑ってるぞ」
「今ではこういうのはますます受け入れられなくなっている」
「一方では日本をバカにし、一方では日本を恐れている。奴隷根性」

「歴史はお前たちが金を稼ぐためにあるんじゃない」
「いわゆる愛国教育はすべて見かけ倒し。彼らは真の愛国とは何かをまったく理解していない」
「抗日戦争は厳粛な歴史的事件。このように商業化することは許されない。こんなことが続けば、後の世代が抗日戦争は単なる物語だと勘違いしかねない」

「最近の抗日はおかしな方向に向かっている。ドラマでは中国兵は無敵で、素手で日本兵を切り裂いたりする。日本人は紙でできているのか?国民が無知になって行くのが怖い」
「そんなに国を愛しているなら、陰でこそこそやってないで尖閣諸島(中国名:釣魚島)に行ってこいよ」
「真に抗日戦争を戦ったのは国民軍!日本を破ったのは米軍!歴史を尊重せよ」(翻訳・編集/北田)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事