中国がフランスと提携し、偽ワインの一掃に乗り出す―仏華字紙

配信日時:2014年6月10日(火) 16時50分
中国がフランスと提携し、偽ワインの一掃に乗り出す―仏華字紙
画像ID  424656
9日、中国新聞社によると、仏華字紙・欧州時報はこのほど、生産者と消費者の利益を保護するため、中国がフランスと提携してフランス産ワインに対し「生態原産地保護商品」のラベルを付けると報じた。写真は瀋陽で摘発された偽物ワインの製造拠点。
2014年6月9日、中国新聞社によると、仏華字紙・欧州時報はこのほど、生産者と消費者の利益を保護するため、中国がフランスと提携してフランス産ワインに対し「生態原産地保護商品」のラベルを付けると報じた。

その他の写真

品質の良いフランス産ワインは中国人に人気があり、特によく売れる銘柄は非合法な製造業者のターゲットになっている。分析によると、これらの製造業者は本物のワインの技術や外観を低コストで模倣し、非常に安い価格で販売しているため、消費者から人気があるという。このような偽ワイン製造は法律すれすれの行為で、正規のワイン製造業者と消費者の利益を害している。

しかし、知的財産権保護の面から考えると、偽物商品は取り締まりを受けるべきである。偽物商品は吸血虫のように、本物から養分を吸い取り、その市場を荒らし、ブランドの価値を下げ、真相を知らない消費者をばかにしている。購買力レベルが上昇すれば、消費者も商品の質に対し、より高い要求をするようになる。そうすると偽物商品は必然的に好まれなくなる。今回、中国が積極的にフランスと提携し、偽ワインの一掃に乗り出したことは、現代技術を利用した中国の偽物商品対策の1つの縮図と言える。(翻訳・編集/藤)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事