コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

韓国でまたも火災=「米国の陰謀、朴大統領の親中を目の敵」「消防部門も解体か?」―中国ネット

配信日時:2014年5月28日(水) 9時45分
韓国でまたも火災=「米国の陰謀、朴大統領の親中を目の敵」「消防部門も解体か?」―中国ネット
画像ID  423144
28日未明、韓国南部の全羅南道長城郡にある高齢者向けの病院で火災が発生し、21人の死亡と7人の負傷が確認されている。同火災に関して中国のネットユーザーから数多くのコメントが寄せられている。写真は28日の火災に関する中国の報道。
2014年5月28日未明、韓国南部の全羅南道長城郡にある高齢者向けの病院で火災が発生し、21人の死亡と7人の負傷が確認されている。韓国では26日にも京畿道高陽市のバスターミナルの倉庫で火災が発生し、7人が亡くなっているなど火災が続発している。セウォル号沈没事故以降韓国の安全問題は国内外で注目を集めており、同火災に関しても中国のネットユーザーから数多くのコメントが寄せられている。

「中国人の犠牲者はいないよね?」
「朴槿恵(パク・クネ)も楽じゃないな」
「朴大統領は再び涙か?」
「韓国は一体どうしたというのだ?重大事故が続発だ」

「米国の陰謀に違いない。朴大統領を失脚させたいのだ」
「中国に寄り添った国は米国から目の敵にされる」
「韓国社会がもっと高齢者に気をかけ、防災意識や関連部門の検査がもっと行き届いていたなら、今回の悲劇は免れたかもしれない」
「今度は消防関連部門の解体か?」(翻訳・編集/内山)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事