コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

2008年以来の“最強豪雨”、冠水した道路で魚を捕まえる市民も―広東省深セン市

配信日時:2014年5月12日(月) 15時48分
2008年以来の“最強豪雨”、冠水した道路で魚を捕まえる市民も―広東省深セン市
画像ID  421168
11日、2008年以来の“最強豪雨”に見舞われた中国広東省深セン市では、道路150カ所が冠水し、航空便にも欠航が相次ぐなど、交通機関に大きな影響が出た。
2014年5月11日、2008年以来の“最強豪雨”に見舞われた中国広東省深セン市では、道路150カ所が冠水し、路線バス5000台余りが正常な運行が不可能になり、自動車約2000台が水につかった。12日付でチャイナネットが伝えた。

深セン空港を出発する航空便は48便が欠航した。これまでのところ、豪雨による死者やけが人は出ていない。

市内では、冠水した道路で魚を捕まえる市民も現れた。(翻訳・編集/NY)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事

<







/body>