あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

中国はなぜ“シルクロード”の再建に力を注ぐのか―SP英字紙

配信日時:2013年9月24日(火) 4時51分
中国はなぜ“シルクロード”の再建に力を注ぐのか―SP英字紙
画像ID  396913
16日、シンガポール英字紙ザ・ストレーツ・タイムズは中国が目指すシルクロードの復活について取り上げた。7日、習近平主席はシルクロード経済帯構造を発表した。写真はシルクロードの砂漠。
2013年9月16日、シンガポール英字紙ザ・ストレーツ・タイムズは中国が目指すシルクロードの復活について取り上げた。20日、参考消息網が伝えた。

習近平(シー・ジンピン)主席は7日、訪問先のカザフスタンで講演し、初めて正式にシルクロード経済帯の建設構想を明らかにした。この構想は中国と中央アジアとの貿易を拡大するだけではなく、1万1000キロに及ぶアジアと欧州を結ぶ貿易ルート、シルクロードを再建しようという壮大なものだ。

その目的はなにか?あるアナリストは複数の狙いがあると分析する。第一に経済構造転換を進める中国は新たな成長ポイントを捜しているということ。第二に南シナ海問題でベトナム、フィリピンをはじめとする東南アジア諸国との関係が微妙になっているなか、中央アジアに目を向けたという点だ。中国社会科学院の沈驥如(シェン・ジールー)研究員は陸路を開発すれば南シナ海、マラッカ海峡への貿易ルート依存を減らすことができると指摘した。

また、別の専門家は米国のリバランス戦略への対抗だと指摘している。米国がアジアの同盟国との関係を強化している中、中国は中央アジアとの関係を深めようというもの。新疆ウイグル自治区の治安安定にもつながると期待されている。(翻訳・編集/KT)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事