コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

障害児の出生率が年々増加、毎年4000人以上も=50人に1人、多岐にわたる誘発原因―北京市

配信日時:2013年9月19日(木) 6時0分
障害児の出生率が年々増加、毎年4000人以上も=50人に1人、多岐にわたる誘発原因―北京市
画像ID  396567
16日、高齢出産の割合が年々増えていることやその他の社会的要素もあり、中国北京市では障害児の出生率が近年上昇傾向にある。写真は中国で胴体がつながって生まれた双子の女児。
2013年9月16日、高齢出産の割合が年々増えていることやその他の社会的要素もあり、中国北京市では障害児の出生率が近年上昇傾向にある。人民網が伝えた。

最新の統計データによれば、2012年に北京で出生した障害児の割合は2%に達している。この比率は中国の平均水準に比べれば低いものの、先進国における障害児の出生率に比べると少なからず高い割合だ。2012年に北京市で誕生した新生児は20万人以上だが、そのうちの4000人(50人に1人)以上が障害児である。中国では障害児の誕生率が比較的高く、毎年80万〜120万人の障害児が誕生している。そのうちの30%は出生前後に死亡し、40%は一生障害が残るが、残りの30%については治したり矯正したりすることが可能である。

専門家によれば、障害児の出生を誘発する原因として挙げられるのは、遺伝的要素、高齢出産、葉酸・ヨウ素・鉄分などの栄養素不足、妊婦がウイルスに感染していたり慢性疾患に罹っている場合、また、妊娠中に催奇形性(妊娠中に摂取すると胎児に奇形を発生させる可能性がある)の薬物を摂取した場合などがある。また、その他にも喫煙、飲酒などの生活習慣、水銀・鉛・ベンゼン・農薬・X線などの有毒有害物質との接触なども関係要素に挙げられるという。(翻訳・編集/碧海)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事