幼稚園の女児、2割が露出ファッションを着用…大人顔負け?―本日の中国TOPニュース

配信日時:2013年8月16日(金) 23時50分
幼稚園の女児、2割が露出ファッションを着用…大人顔負け?―本日の中国TOPニュース
画像ID  394173
16日、厳しい暑さをしのぐため、夏季には老若男女を問わず薄着になるが、女児に露出度の高い服を着せるのはいかがなものか?この問題について、中国紙が特集記事を掲載した。写真は2012年11月、湖北省武漢市で行われたモーターショーに登場したキッズモデル。
2013年8月16日、厳しい暑さをしのぐため、夏季には老若男女を問わず薄着になるが、女児に露出度の高い服を着せるのはいかがなものか?この問題について武漢晩報が特集記事を掲載した。

その他の写真

6歳の娘を持つ女性は、子供の洋服のことでしばしば姑と口げんかになる。子供の洋服ダンスにはキャミソールやチューブトップ、ガードルから背中の大きく開いた服など、大人顔負けのセクシーな子供服でいっぱいだ。しゅうとめは「こんなに小さいときからそんなものを着ていたら、大きくなったらどうなってしまうの?」と眉をひそめる。一方、女性は「お義母さんは保守的すぎる。こういう服を着れば子供はますますきれいになり、もっと自信がつくわ」と反論する。記者が取材した孫を持つ祖母20人のうち18人までが、子供が過度に露出した服を着ることに反対していた。

取材に訪れた幼稚園の責任者は、夏に肌の露出が多い服を着る女児がますます増え、同園に通う女児の約2割を占めていることを明かした。一部の子供服は大人の服と同じで、身体の曲線があらわになってぴったりと服が身体に貼り付き、とても動きづらそうに見えるという。

湖北省婦幼保険院児童保健科の楊勤(ヤン・チン)主任医師は、「低年齢の児童の皮膚は弱く、太陽光線を防ぐ力も弱い」という点を指摘した上で、露出度の高い服が児童の皮膚に与える悪影響を心配する。華中師範大学教授で社会学者の梅志●(メイ・ジーガン、●は四の下に正)氏は、「あまりに小さい頃からこのような大人びた服を着ていると、児童の美的観念をゆがめ、子供たちの価値観や思想道徳の育成などに大きなマイナス作用を及ぼす可能性がある」と、教育的見地からの懸念を示している。(翻訳・編集/碧海)

※<本日の中国TOPニュース>では、中国の大手主要ポータルサイトによるニュースアクセスランキングから、注目の一記事をピックアップする。本記事は2013年8月16日付の中国大手ポータルサイト・新浪(Sina)のランキング1位の記事。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事