コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

朝鮮半島統一への情熱、韓国国民の間で薄れる=混乱と経済負担に懸念―仏メディア

配信日時:2013年7月27日(土) 10時20分
朝鮮半島統一への情熱、韓国国民の間で薄れる=混乱と経済負担に懸念―仏メディア
画像ID  392467
25日、仏AFP通信は、朝鮮戦争停戦から60年以上を経て、韓国国内では南北統一の現実味が薄れつつあると伝えた。資料写真。
2013年7月26日、参考消息(電子版)によると、仏AFP通信は25日、朝鮮戦争停戦から60年以上を経て、韓国国内では南北統一の現実味が薄れつつあると伝えた。

韓国・北朝鮮政府双方にとって統一は重要な使命であるものの、すでに豊かになった韓国国民の間では、ここ数年統一への情熱が継続的に低下。エスカレートする北朝鮮の脅しに韓国国民は嫌気が差しているとともに、統一後の膨大な経済的負担への懸念が広がっている。韓国の若年層を対象とした10年の全国調査によると、「統一に興味がある」と答えた割合は57%で、97年に比べて14ポイントも下落した。

韓国・東亜日報がこのほど行った調査によると、回答者の28%が「統一は永遠に不可能」と考えており、うち20代の割合が高く33.4%に達した。また、別の調査では「統一は何があってもすべきだ」との回答は25%にとどまり、65%が「巨大な代価と社会的な混乱は避けがたい」、10%が「統一には絶対に反対だ」と答えた。(翻訳・編集/AA)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事