あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら

ジャッキー・チェンまた失言!「デモ規制」でネット炎上=「ジャッキー規制法作れ」―香港

配信日時:2012年12月14日(金) 11時32分
ジャッキー・チェンまた失言!「デモ規制」でネット炎上=「ジャッキー規制法作れ」―香港
画像ID  361354
13日、香港人の“デモ好き”を批判したジャッキー・チェンが、世間の大きな非難にさらされている。「ジャッキー発言規制法」を求める声まで上がっている。写真はジャッキー・チェン。
2012年12月13日、「香港人はデモが大好き」と批判したジャッキー・チェンが、世間の大きな非難にさらされている。“ジャッキー発言規制法”を求める声まで上がっている。明報が伝えた。

過去にも幾度となく、軽々しく語った言葉が世間の批判を浴びてきたジャッキー。今回、香港人を激怒させているのが、中国の週刊誌「南方人物周刊」の独占インタビューでの発言だ。ジャッキーいわく、「香港人は世界一のデモ好き」。「中国を罵倒し、政府高官を罵倒し、何でもデモに発展させる。デモを行っても良いテーマは何か、してはいけないのは何か、規定を作るべきだ」「すでに中国に返還されたのに、なぜ中国の政府高官を罵倒するのか」「英国時代の香港には自由がなく、こんなにデモはなかった。それは英国の管理が厳しかったから。我々は自由が好きだが、かと言って何でも望み通りになるわけではない。香港人は何に対しても罵ることしか知らない」などなど、持論を展開した。

これらの発言が、香港のネットユーザーの怒りを爆発させた。「浅はかな知識と狭い視野で、社会を論じるな」「中国への愛国アピールか?」「香港の恥」などの批判がネット上を駆け巡り、「また出たよ…」とジャッキーの失言にため息をつく人も。さらには、「香港は、ジャッキー発言規制法を作って管理すべきだ」という意見まで飛び出している。

社会の反応についてジャッキーは13日、ミニブログの中でコメントを発表。「思ったことをすぐ口に出してしまう悪い癖がある」と認め、香港をおとしめるような意味は一切ないことを語っている。(翻訳・編集/Mathilda)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<







/body>