中国が空母建造を加速、将来は6隻体制に?―中国軍事専門家

配信日時:2018年5月23日(水) 13時30分
中国が空母建造を加速、将来は6隻体制に?―中国軍事専門家
画像ID  993789
22日、人民網によると、中国の軍事専門家・梁芳氏はこのほど、中国初の国産空母が18日、中国遼寧省大連港に初の試験航海を終えて帰還したことを受け、今後中国が空母の建造を加速させるとの見通しを示した。写真は中国の国産空母。
2018年5月22日、人民網によると、中国の軍事専門家・梁芳(リャン・ファン)氏はこのほど、中国初の国産空母が18日、中国遼寧省大連港に初の試験航海を終えて帰還したことを受け、今後中国が空母の建造を加速させるとの見通しを示した。中国新聞網が伝えた。

梁氏は中国メディアの取材に対し、「わが国の規模、安全保障面での必要性から考えると、空母を6隻保有するのが適当だ」と主張。2隻目の国産空母については「まだ世界水準とはレベルに開きがあり、しばらく待たなければならない」とも述べた。

一方、同じく軍事専門家の宋忠平(ソン・チョンピン)氏は、環球時報(電子版)の取材に対し「初の国際空母が試験航海を終えたということは、2隻目も研究開発段階は済んでおり、間もなく建造に着手することを意味する」と指摘した。(翻訳・編集/大宮)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • com***** | (2018/05/23 17:09)

    航空機の着艦も発艦もできない空母を増艦してハリコのトラ艦隊ですか メンツだけの中国らしいわ!!!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sya***** | (2018/05/23 15:13)

    中国政府の発表ではないが、これが実現していくと、ソ連と同じことになって行く可能性が高い。ソ連は経済が崩壊しかかっているのに、軍事費は膨張し続け、結局破綻して、ゴルバチョフは立て直そうとして行く内に、ソ連は崩壊解体した。中国も国民より、政府の威信が最優先で、軍事は増強の一途を辿るが経済は低迷、日本人口と同じぐらいの貧困層を抱え、国はガタガタなのに見栄ばかりをはり、ソ連の二の前になりそうだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事