中国地図に台湾がない!女性教師が修正させる―米華字メディア

配信日時:2018年5月17日(木) 14時20分
中国地図に台湾がない!女性教師が修正させる―米華字メディア
画像ID  992134
16日、米華字メディア多維新聞によると、四川省成都市で開かれた教育展に出品した業者が制作した中国地図に台湾が抜けているのを、現場を訪れた浙江省の中学教師が発見、抗議した。資料写真。
2018年5月16日、米華字メディア多維新聞によると、四川省成都市で開かれた教育展に出品した業者が制作した中国地図に台湾が抜けているのを、現場を訪れた浙江省の中学教師が発見、抗議した。

同省衢州市の中学教師・王哲(ワン・ジョー)さんは12日、3人の同僚とともに「第74回中国教育装備展示会」に参加。第2展示ホールを訪れた際、ある業者が壁に掛けていた中国地図に台湾が印刷されていないのを発見した。

王さんがすぐに展示ブース内にいた業者スタッフに指摘をしたところ、スタッフはすぐに直すような素振りも見せず「台湾省がないんですね、すみませんとしか言えません」と語ると、それ以上相手にしなかったという。

そこで王さんは主催者に連絡して抗議。主催者は「調査のうえ修正する」と回答し、現地時間同日午後3時ごろに同じブースを訪れてみると、地図には台湾が付け加えられていたという。

記事によると、当事者の業者はその後、王さんに謝罪のショートメールを送信したとのことである。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/05/17 19:42)

    >当事者の業者はその後、王さんに謝罪のショートメールを送信したとのことである 業者が地図を書き間違えたので訂正したことはわかるが、なぜ教師の王さんに謝罪したのだろう。謝罪とは迷惑をかけた相手にするもので、王さんは何も被害を受けていない。この場合は誤りを教えてくれた〈お礼〉を言うのが正しい。『ありがとうございます』の代わりに『すみませんでした』ではかえって失礼である。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事