GAPも謝罪!Tシャツに描かれた中国地図に指摘で―米華字メディア

配信日時:2018年5月15日(火) 11時40分
GAPも謝罪!Tシャツに描かれた中国地図に指摘で―米華字メディア
画像ID  991438
14日、中国ネットユーザーの間で1枚のTシャツが物議をかもしている。米国アパレルブランドのGAPのTシャツに描かれた地図に問題があったという。資料写真。
2018年5月14日、米華字メディア・多維新聞によると、ある中国のネットユーザーが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で米国アパレルブランドのGAPのTシャツにプリントされた中国の地図がおかしいと投稿し、話題を集めている。

ネット上に投稿された写真によると、Tシャツの地図はチベット南部(アルナーチャル・プラデーシュ州)、アクサイチン(インドが自国の領土と主張するカシミール地方)、台湾、および南シナ海エリアが全てなくなっている。渤海の形も変形している。

投稿者は「中国市場でビジネスを行う外資系企業に心から忠告しよう。中国政府のタブーに触れるなよ。たとえ海外だけで販売していたとしても、ネットの発達のおかげで国内の人も全部見えちゃうんだよ」「今のような消費者至上の時代に、自社の政治的立場を堅持するために中国市場でのビジネスチャンスを放棄するというなら、逆にこの会社に感心するよ」とコメントを添えた。

さらに、投稿者は「この地図は中国が領有権を主張し、他国と争っている地域ばかりが除かれていることが最大の問題だ」と指摘している。

これを受け、GAPは現地時間14日に声明を発表。「意図しないミスに心からおわび申し上げる」と謝罪し、内部調査を行っていることや、早急にデザインを修正することなどを明らかにした。

中国地図や台湾の扱いをめぐっては、世界各国の企業が中国からの指摘を受けて謝罪に追い込まれている。(翻訳・編集/山口)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • tor***** | (2018/05/20 23:22)

    一つの中国論は大陸の勝手な理屈である。中華人民共和国と中華民国は政治信条も異なる。大陸は国交回復条件として日本を含めた欧米に「一つの中国」を踏み絵にした歴史がある。しかしながら、正式に一つの中国を日本や欧米は承認していない。今は経済力を背景に企業恫喝をしているが経済のために魂を売ってはならない。あの馬鹿げた九段ライン内を地図に包括し、チベット、新疆、インド、ネパ-ル、ブ-タンの紛争域も含めろし言われたら従うとでも言うのか!? 中国に依存した経営は滅びの道である。企業も中国との取引は思慮しなければならない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事