北朝鮮が米国人3人解放、韓国拉致被害者家族に期待高まる―独メディア

配信日時:2018年5月14日(月) 8時0分
北朝鮮が米国人3人解放、韓国拉致被害者家族に期待高まる
画像ID  990815
11日、独国際放送ドイチェ・ヴェレ(中国語電子版)によると、北朝鮮に拘束され、ポンペオ米国務長官の訪朝に合わせて米国人3人が解放されたことを受け、韓国の拉致被害者家族の間に期待が高まっている。写真は北朝鮮。
2018年5月11日、独国際放送ドイチェ・ヴェレ(中国語電子版)によると、北朝鮮に拘束され、ポンペオ米国務長官の訪朝に合わせて米国人3人が解放されたことを受け、韓国の拉致被害者家族の間に期待が高まっている。

韓国当局のデータによると、北朝鮮には韓国人3835人が拉致され、連行されたとされ、家族らは一貫して解放を求めてきた。15年までに多くが脱北し、帰国に成功しているが、なお500人以上が拘束されたままだ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領就任以降の南北関係改善を受け、家族の間に解放への期待が高まっている。

父親が北朝鮮に拉致された黄仁哲(ファン・インチョル)さんも、解放と再会を待つ一人だ。1969年12月、韓国の放送局に勤めていた黄さんの父は、出張でソウル行きの旅客機に乗っていた。しかし、機体は突然北朝鮮の元山市に着陸。機内に北朝鮮の工作員が同乗しており、乗客50人がそのまま北朝鮮に拉致された。その後、39人が帰国したが、残る人々は北朝鮮の説明によると「残ることを希望している」といい、今も帰らぬままだ。

2歳の時に父と別れた黄さんは、人生のほとんどを父の解放を求める活動に費やしてきた。12年に父は脱北して中国へ逃れようとしたが、寸前で核実験により国境が閉鎖され、失敗に終わった。父の消息を得たのは16年が最後という。(翻訳・編集/大宮)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/05/14 20:00)

    >その後、39人が帰国したが、残る人々は北朝鮮の説明によると「残ることを希望している」といい、今も帰らぬままだ 北朝鮮の説明は信じることができない。むしろ帰国できた39人の理由が知りたい。もしかして〈北朝鮮の工作員〉になったため解放されたのではないか。いま何をしているか確認した方がいいだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Gin***** | (2018/05/14 11:29)

    つくづく、愚かな奴ら。 これまで(南)朝鮮政府は、 1度も、拉致被害を公式に認めておらず、 日本政府が再三、「相互協力で拉致被害者奪還を」 を呼びかけても、知らん顔だったよな。 だから、南の拉致被害者家族は、日本の被害者家族と連絡を 取り合い、日本から情報を得て動いていたんだぞ。 それを今更、ブタが拉致を認めると思うのか? 文が、返してくれと口に出すと思うのか? トランプによって帰国できた3人も、 拉致被害者とは違う。 スパイ容疑等で拘束された者達だ。 南の拉致被害者も、結局は「同胞」だ。 統一するのをのんびり待てばいい。 統一すれば、世界第二位の経済大国になり、G7に入るだろ? (どこから来る自信と計算か知らんが、爆笑ネタである。) 日本で普通に生活していた日本国民を 海から不法に侵入し、または国籍を偽って日本に入国し、 日本国内で拉致しやがった事を日本国民は絶対に許さん。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<