日本の記者のひと言で会場が爆笑、報道官もこの表情―中国外交部定例会見

配信日時:2018年5月11日(金) 10時40分
日本の記者のひと言で会場が爆笑、報道官もこの表情―中国外交部会見
画像ID  990304
10日、環球網は、中国外交部の定例記者会見で日本人記者が放った一言に、会場が笑いに包まれたと報じた。
2018年5月10日、環球網は、中国外交部の定例記者会見で日本人記者が放った一言に、会場が笑いに包まれたと報じた。

10日に行われた同部記者会見で、日本人記者は「中国中央テレビ(CCTV)が今日午後、中国海警局が上海付近の公海で密輸船数隻を拿捕(だほ)したと報じました。そのうち1隻は別の船に石油を送っていたとのことで、北朝鮮に関係があるのではないかとの見方が出ています。関係国では密輸活動への監視を始めましたが、中国は監視を強めていますか」と質問した。

これに、会見を担当した耿爽(グン・シュアン)報道官は「CCTVの報道だとおっしゃいましたが、あなたはCCTVの人ではないですよね?」と逆質問。すると日本人記者は「今のところはまだ違います」とユーモラスに答え、会場の笑いを誘った。耿報道官がさらに「どこのメディアですか?」と聞くと、記者は「NHKです」と回答している。

「まだ違います」という回答に、自身も笑顔を見せた耿報道官は、質問に対し「そのニュースは見ていないが、北朝鮮に関係するかについては、わが国は国連安保理の対北朝鮮決議を一貫して全面的に、正しく、真剣に、厳しく実施することを原則としている。わが国がこれに向けて努力していることは明らかだ」と答えた。

さらに、北朝鮮に関わる密輸活動の監視を強化しているかをただされた耿報道官は、「国連安保理決議の実施に向けたわれわれの努力は、誰の目に見ても明らか」と繰り返すにとどめた。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/05/13 04:59)

    日本のNHKを単なるマスコミの話だと思い込んでいるが逆に日本にはそれらの情報がマスコミにすら総て筒抜けだといっている事を理解して欲しい。 僕達一般の日本国民から見ると今の中国政府は、疑心暗鬼に成り過ぎて日本を敵だとしか見ていないのが本当に怖い。 日本の遣っている事は事前報告済みの事ばかり日本の空域海域を大切に管理しているといってあるのに中国はそれを完全に無視して日本に抗議するが最低限のルールだと理解して欲しい。 日本としての立場を何故理解しないのか? 中国の防空圏や海域を国連が認めても居ないのに日本が認める訳も無い。 本音を言えば速く日本と中国が色濃く友好国になって、密に情報を交換し合える立場に成れば最低限日本と中国の摩擦は無くなる。 戦後日本政府は中国に対して友好的に発展を望んで来た。 中国が日本を受け入れない限りここからの友好関係など無い。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/05/11 21:21)

    >>誰の目に見ても明らか いやいや、そうじゃないからこういう質問してるんですけどね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちいく***** | (2018/05/11 15:14)

    日中関係は今までにない蜜月ぶりだね。 米中貿易摩擦のおかげで日本はアメリカと中国両市場で今までより有利に貿易ができる状態だし良い流れです
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事