<卓球>番狂わせ!日本男子がイングランドにまさかの敗戦、張本は1ゲームも奪えず=中国ネットの反応は…

配信日時:2018年5月1日(火) 11時20分
<卓球>番狂わせ!日本がまさかの敗戦、中国ネットの反応は…
画像ID  987208
1日、捜狐体育は、スウェーデンで開催中の世界卓球選手権団体戦グループリーグで、金メダルを狙う日本男子がイングランドに1−3で敗れたことを報じた。資料写真。
2018年5月1日、捜狐体育は、スウェーデンで開催中の世界卓球選手権団体戦グループリーグで、金メダルを狙う日本男子がイングランドに1−3で敗れたことを報じた。

互いに2連勝での対決となった日本対イングランド戦では、1人目に水谷隼が登場し3−2でドリンクホールに勝利。しかし2人目の張本智和がピチフォードに対して5−11、5−11、3−11の0−3で惨敗。3人目の丹羽孝希も接戦ながら0−3でウォーカーに敗れて後がなくなる。4人目の水谷はフルゲームまで持ち込んだものピチフォードの前に力尽き2−3で敗戦。1−3で今大会初黒星となり、決勝トーナメントの1回戦が免除されるグループリーグ1位通過は難しくなった。

中国メディアは日本の敗戦を「番狂わせ」と報じており、中国のネットユーザーの多くも同様の見方を示している。「グループリーグだけれど、大番狂わせだ。イングランドに決勝トーナメントでも頑張ってほしい」「『相手を見くびってはいけない』。樊振東(ファン・ジェンドン)の言う通りだ」「ピチフォートがすごかった」「ウォーカーが丹羽を完封するとは……」といったコメントを残している。特に、張本と水谷に勝利したピチフォードの成長ぶりを評価する意見が目立った。

また、日本に対しては「日本は中国しか眼中になかったのかもしれないな」「張本は総合的な力がまだまだ足りない。一番負けちゃいけなかったのは丹羽さん、あなただよ」「まさか丹羽さんがシャットアウトされるとは」「これで中国に勝って金メダルを取ろうなんて、ちゃんちゃらおかしい」といった感想が見られる。ただ総じて見ると、日本選手うんぬんではなく、イングランド選手が出色のパフォーマンスを見せたことに対する印象が深かったようだ。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2018/05/04 10:51)

    言いたいことは大体ほかの人が言ってくれているが二つ付け加えたい。日本人はルールというものは天から降ってくるもので、自分で作るものではないとの意識が強い。憲法改正の一連の状況をみても「今は変えるべきときではない」と言う意見が常に多数となる。このような日本人の心性は国際交渉の場面では極めて日本に不利に働く。今回も然りである。国際卓球連盟の今回の決定で最も不利益を受けるのは、準決勝で統一コリアと当たる日本である。相手は準々決勝をやらずに体力の温存ができ、極めて有利である。少なくとも日本側は、準決勝は日本ではなく、友好国の中国とやるべきことを主張すべきだった。ルールは何でもありである以上、対戦表を変更すべきという主張も十分に正当な主張となるはずだ。もう一つは、日本は将来韓国(統一コリアを含む)と何かを組んで行うことは一切やめるべきだ。必ず良いとこ取りされたサッカーワールドカップの二の舞になる。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<