「香港版アカデミー賞」第37回金像奨、ルイス・クーとテレサ・モウが初めての最優秀賞―香港

配信日時:2018年4月16日(月) 11時0分
「香港版アカデミー賞」、ルイス・クーとテレサ・モウが初の最優秀賞
画像ID  982506
15日、「香港版アカデミー賞」香港電影金像奨の授賞式が行われ、俳優ルイス・クーと女優テレサ・モウがそれぞれ最高賞に輝いた。
2018年4月15日、「香港版アカデミー賞」香港電影金像奨の授賞式が行われ、俳優ルイス・クー(古天楽)と女優テレサ・モウ(毛舜●、●=竹かんむりに「均」)がそれぞれ最高賞に輝いた。新浪が伝えた。

その他の写真

今年で37回目を迎えた香港電影金像奨の授賞式が15日、香港文化センターで行われた。アンディ・ラウ(劉徳華)や中国の映画監督ティエン・チュアンチュアン(田壮壮)ら5人がノミネートされ、今回最高の激戦部門と注目された最優秀主演男優賞は、映画「殺破狼:貪狼」のルイス・クーが受賞。デビュー25年目での初受賞となった。

さらに最優秀主演女優賞には、映画「黄金花」で自閉症の息子を持つ母親を演じたテレサ・モウが選ばれ、こちらも今回が初受賞となっている。

最優秀新人賞に選ばれたのは、同じく「黄金花」で自閉症の男性を演じた俳優リン・マンロン(凌文龍)だった。これまで舞台劇で活動してきた31歳で、「黄金花」は映画初出演作だったが、今回は最優秀主演男優賞にもノミネートされて一気に知名度を上げている。

最優秀監督賞には、1940年代の激動の香港を描いた映画「明月幾時有」からアン・ホイ(許鞍華)監督が受賞。今回で6度目の受賞を決めたほか、最優秀作品賞も獲得している。

最優秀助演女優賞には同じく「明月幾時有」からデニー・イップ(葉徳嫻)が、最優秀助演男優賞には映画「ショックウェーブ」(拆弾専家)からフィリップ・キョン(姜皓文)がそれぞれ選ばれている。(翻訳・編集/Mathilda
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事