コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

<東日本大震災>日本人に命を救われた中国人実習生が再来日=恩人のこと「よく思い出す」―宮城県女川町

配信日時:2012年2月6日(月) 8時17分
<東日本大震災>日本人に命を救われた中国人実習生が再来日=恩人のこと「よく思い出す」―宮城県女川町
画像ID  313668
3日、東日本大震災で被災し、帰国していた中国人研修生が再び来日した。実習先の佐藤充さんに命を救われた中国人実習生は「今でもよく佐藤さんのことを思い出します」と話している。写真は2011年3月、東日本大震災直後の宮城県多賀城市。
2012年2月3日、東日本大震災で被災し、帰国していた中国人研修生が再び来日した。4日、中国新聞網が伝えた。

今回、来日したのは宮城県女川町の水産加工工場で実習を受ける15人。その中には叢偉(ツォン・ウェイ)さんら被災した5人も含まれる。被災当時、叢さんらは佐藤水産で実習を受けていたが、同社の佐藤充専務が自分の命を省みずに避難を誘導し難を逃れた。佐藤さんのエピソードは中国でも大きく報じられ、昨年5月に被災地を訪れた温家宝(ウェン・ジアバオ)首相も言及している。

震災後帰国した佐藤水産実習生20人のうち、叢さんら5人が最初の再来日となる。叢さんは女川の人たちの状況を知りたい、今でもよく佐藤さんのことを思い出しますと話している。震災当時、女川町では水産加工工場19社で約160人の中国人実習生がいた。これまでに20人が再来日している。(翻訳・編集/KT)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する

SNS話題記事