中国の高齢化、例のないスピードで加速―米華字メディア

配信日時:2018年3月21日(水) 15時40分
中国の高齢化、例のないスピードで加速―米華字メディア
画像ID  973256
19日、米華字メディア・多維新聞は、急速な高齢化が進む中国では、「一人っ子政策」の廃止後も子どもを望まない人が多くいると伝えた。写真は中国の高齢者。
2018年3月19日、米華字メディア・多維新聞は、急速な高齢化が進む中国では、「一人っ子政策」の廃止後も子どもを望まない人が多くいると伝えた。

中国ではこのほど開かれた全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、深刻化する高齢化問題が報告された。中国の高齢化の特徴は、規模がほかに例がないほど大きく、スピードが速く、さら少子化と人口の空洞化が同時に起きているといい、家族の絆も核家族化により弱まっているとのこと。

記事によると、中国では1999年、60歳以上の人の割合が全体の10%に達し、高齢化社会に突入。17年末時点で17.3%まで上昇した。65歳以上の人口は2000年の7%から17年末には11.4%まで増えた。報告した委員は「世界で例のないスピードだ」と指摘しているという。

一方、出生数と出生率はともに下がり続けている。17年の出生数は約1723万人。前年に比べて63万人減少した。出生率も16年の1.295%から17年は1.243%に低下しているという。(翻訳・編集/大宮)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ただの***** | (2018/03/22 15:07)

    日本の内閣府によると,「高齢化の速度について、高齢化率が7%を超えてからその倍の14%に達するまでの所要年数(倍加年数)によって比較すると、フランスが115年、スウェーデンが85年、アメリカが72年、比較的短い英国が46年、ドイツが40年に対し、我が国は、昭和45(1970)年に7%を超えると、その24年後の平成6(1994)年には14%に達した。しかし、足元ではその伸び率は鈍化している。一方、アジア諸国に目を移すと、韓国が18年、シンガポールが20年、中国が23年など、今後、一部の国で、我が国を上回るスピードで高齢化が進むことが見込まれている」のだそうです。こちらに拠る限り,中国は「世界で例のないスピードだ」ということではありませんね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/03/21 20:00)

    >17年の出生数は約1723万人。前年に比べて63万人減少した 人口13憶人の中国からしたら0.02%にすぎない。これは減少したというより〈誤差の範囲〉で横ばいではないか。人口が増えては騒ぎ、減っては騒ぎ、変わらなくても騒いでいるようだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事