ホーキング博士が生前、中国に繰り返し警告していたこととは?―米華字メディア

配信日時:2018年3月15日(木) 11時20分
ホーキング博士が生前、中国に繰り返し警告していたこととは?
画像ID  971670
14日、米華字メディア・多維新聞によると、同日に死去した英物理学者スティーブン・ホーキング氏は生前、中国に対して繰り返し「あること」を警告していたという。
2018年3月14日、米華字メディア・多維新聞によると、同日に死去した英物理学者スティーブン・ホーキング氏は生前、中国に対して繰り返し「あること」を警告していたという。

記事は「14日にホーキング氏が自宅で死去し、世界に衝撃が走った」と紹介。記事によると、同氏は近年における中国の天文分野の急速な発展について、しばしば「宇宙人と接触しないように」と警告してきたという。その理由を同氏は「相手の意図が分からないうえ、人類の居場所を教えてしまうことになるから」としていたが、中国はほとんど相手にしてこなかったという。

同氏がまず警戒したのは、貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡。通称「天眼」だ。記事は「これほど巨大な望遠鏡は容易に地球外生物に見つかり、人類に災難を及ぼす可能性があると同氏は認識していた。中国がこの望遠鏡を使って初めて宇宙信号らしきものを受信したと伝えられた時、同氏は『応答するな!応答するな!応答するな!』と警告を発した」と伝えた。

また「その後、中国の科学者が『太陽の分層構造を発見した。太陽を電波増幅装置として人類からの信号を宇宙に拡大送信できる』と発表したが、同氏はその際にも警告を発している。しかし、中国はやはり振り向かなかった」としている。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/03/16 23:05)

    接触が無いなら、意図も分からないのは当たり前だけどね。 ただ、君子危うきに近寄らず、というのは古代中国の諺。相手が「友好的だという前提」で事を進めるのも愚かしい。 まあ、地球人同士だって相互理解が足りてないのに、宇宙人と融和的な交流なんか出来るだろうか? って事を博士が憂慮していたとするのなら、分かる気はする。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 秀野荘***** | (2018/03/16 13:05)

    実はここだけの話なんだけど、北朝鮮の金政権、あれ宇宙人の傀儡政権だよ!独裁政権なのも白頭山の地下1000mに宇宙人の基地があるのを、中国やアメリカに知られないため。外国から拉致された人たちは全員宇宙人の人体実験に使われた。えっ今日本に帰ってきてる人もいるって、あれはクローンですよw
    このコメントは非表示に設定されています。
  • たまて***** | (2018/03/15 20:09)

    >「相手の意図が分からないうえ、人類の居場所を教えてしまうことになるから」 仮に地球までやって来れる宇宙人が居たとしても、我々地球人よりも圧倒的な文明を持った生命体だ。その宇宙人が地球の何を欲しがると言うのだろう? 地球人を捕らえて奴隷にでもする? 地球に来れる程の知的生命体なら人間より忠実で有能なロボットくらい作れるだろうから、わざわざ地球人を奴隷にする必要性が感じられない。 人間を食料にする? わざわざ地球まで来なくても他に食料調達の方法はいくらでもあるはず。 地球を新しい棲家にする? それなら未開の惑星を開拓した方のが理想の住環境を作り易い。わざわざ人の住む地を選ぶ必要が無い。 地球の生命体をペットにする? それもデーターさえあれば同じものを再現できるんじゃないの?いやデーターが無くても理想のペットをゼロから創り出すくらい朝飯前では? よって宇宙人の侵略目的での襲来は低いと思える。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事