豪国防省、中国メッセージアプリ「ウィーチャット」使用禁止=安全保障への影響懸念か―中国メディア

配信日時:2018年3月12日(月) 12時20分
豪国防省、中国メッセージアプリ「ウィーチャット」使用禁止
画像ID  970017
12日、オーストラリアの国防省が職員に対し、業務用のスマートフォンに中国の人気メッセージアプリ「ウィーチャット(微信、WeChat)」をダウンロードすることを禁止したと報じられている。資料写真。
2018年3月12日、中国メディアの環球網は、オーストラリアの国防省が職員に対し、業務用のスマートフォンに中国の人気メッセージアプリ「ウィーチャット(微信、WeChat)」をダウンロードすることを禁止したと報じた。

11日付の豪経済紙オーストラリアン・フィナンシャル・レビューの報道として伝えたもので、豪国防省の報道官は「国防省は、同省のモバイル端末でウィーチャットを含む未許可のソフトウェアを使用することを提供したりサポートしたりしていない」とし、「フェイスブックの使用は制限を設けて認めている。WhatsAppについてはセキュリティー評価を現在実施しているところだ」などと説明しているという。

オーストラリアン・フィナンシャル・レビューは、ウィーチャットへの懸念について「中国政府との密接な関係だけでなく、ユーザーのデータが利用される可能性があるためだ。国防省は、ウィーチャットのようなアプリがデータを集約して監視する能力が高いと認識しているようだ」とする豪連邦政府に近いネットワークセキュリティー専門家の話を伝えた上で、「オーストラリアや米国で国家安全保障への懸念を理由に中国からの対外投資に反発する動きの一つだ」と指摘している。(翻訳・編集/柳川)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事