コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら

中国本土客向け商用マルチビザの発給条件を緩和、ビジネス交流活発化に期待―台湾

配信日時:2012年1月19日(木) 8時29分
中国本土客向け商用マルチビザの発給条件を緩和、ビジネス交流活発化に期待―台湾
画像ID  311101
16日、台湾移民署は今月20日から中国本土からのビジネスマンに対する商用目的のマルチビザ発給条件を緩和すると発表した。これによりマルチビザで入境する人の数が倍増する見通し。写真は高層ビルが立ち並ぶ上海の金融貿易エリア・浦東陸家嘴。
2012年1月16日、台湾移民署は今月20日から中国本土からのビジネスマンに対する商用目的のマルチビザ発給条件を緩和すると発表した。これによりマルチビザで入境する人の数が倍増する見通し。中国新聞網が17日付で香港中国通訊社の報道として伝えた。

台湾移民署によれば、中国本土から商用目的で台湾を訪れる人がマルチビザを取得しやすくすることに関して、台湾行政院が1月12日に法案を可決。これまで招聘元企業の年間営業額は1億台湾ドル(約2億5500万円)以上と定められていたが、これが5000万台湾ドル(約1億2700万円)になるなどの修正が行われた。また、輸出加工区内の企業や中国本土で上場している企業の責任者もマルチビザの申請が出来るようになったという。

規制緩和後は、中国本土ビジネスマンへのマルチビザ発給件数が2011年度の4191件から今年度は2倍の8000件を上回る見通しで、中台間のビジネス交流がいっそう活発になることが予測されている。(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

アンケート

あなた自身は法律に賛成?反対?
投票する