外国人が日本で驚く10のこと―中国メディア

配信日時:2018年2月20日(火) 7時50分
外国人が日本で驚く10のこと―中国メディア
画像ID  961796
18日、中国のポータルサイト・捜狐に、外国人が初めての日本で大いに驚く事柄を10個紹介する記事が掲載された。写真は渋谷で記念撮影する観光客。
2018年2月18日、中国のポータルサイト・捜狐に、外国人が初めての日本で大いに驚く事柄を10個紹介する記事が掲載された。以下はその概要。

1.バイキング料理
日本のバイキング方式は中国とちょっと異なり、2種類ある。1つは自分で料理を取りに行くお馴染みの形式であり、もう1つは店員が注文を取って料理を運んできてくれるオーダーバイキング方式だ。

2.再配達サービス
日本のサービス業の細やかさを象徴するサービス。各配送会社の配達員は、荷物の届け先が留守だった時に、ポストの中に「不在連絡票」を入れていく。受取人は連絡票をもとに配達員や配送会社に対して再配達の指定ができるのだ。

3.自動販売機の種類が多い
日本には至るところに自動販売機があるが、その種類も多く、外国人が思いもよらないものを売っていることもある。

4.コンビニのサービス
街のあらゆる場所にある日本のコンビニでは、各種チケットや光熱費の支払いなどができる。そしてタバコや酒も24時間購入可能だ。

5.渋谷のスクランブル交差点
東京で最も賑やかな場所の1つであり、多い時には1度に3000人あまりが横断するという。外国人のみならず、地方から初めて渋谷にやってきた日本人も驚く。

6.立ち食いそば
駅にはたたいていある。店は小さく、多くの客は食べ終わるとすぐに立ち去っていく。時間がない時にはありがたい存在だ。

7.カプセルホテルとラブホテル
カプセルホテルは狭いかわりに値段が安く、思いのほか快適である。ラブホテルは装飾が非常に凝っていて、恋人と2人だけの世界に入ることができる。

8.自転車
公共交通機関が発達している日本では、自宅から駅までの移動手段として使われることが多い。駅前には駐輪場が設置されている。

9.スマート便座
日本のトイレにはきれいにしたり消毒したりする機能のほか、冬場向けに加熱機能もついている。その多機能さを、多くの訪日客が称賛する。

10.アイスコーヒー
日本人は特にコーヒーが好き。コンビニでもスーパーでも自動販売機でも売っている。そして、アイスコーヒーを飲む人が多い。ブラック、カフェオレと好みはさまざまだが、日本のコーヒーはおいしいと評判だ。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/03/06 04:05)

    日本人が聞くと何が驚くのかとふと思う事ばかり、ただ言えるのは日本人は色んな意味で向上させ様とする人が多い。 例えば他の店よりもより好まれるサービスをしようとか、だが総てにおいて意味や意義がある。 例えばバイキングにしても、好きなものを好きに取ってほしいから大量に置いて置いて食べてほしいが、人は多く有ると欲しいが残り物は食べたくない。 お店側も、商品の食べて欲しいタイミングがあるので、例えば焼肉などの肉類は、美味しい温度のものを小分けしてお客様に提供したい。 中国人は、良き昔の時代を語り継ぐ。 日本人は総てのジャンルで向上させていく。 韓国は他国の歴史を奪い取って来て、自分の国の歴史だと思い込んで世界から叩かれる。 韓国は悪気が無いのだと思う、自分達に歴史が無いから、自分の知らなかった事を見聞きすると自分の知らない所でずっと昔から存在していたと思い込むのではないかな。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2018/02/20 09:56)

    普通過ぎて逆に驚く。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事