【動画】未婚率上昇続ける東京都、結婚を後押しする動画を制作

配信日時:2018年2月13日(火) 23時30分
春節は本来ならば楽しい連休であるはずだが、多くの独身者にとっては帰省後、またも親戚一同から結婚を急き立てられ、戦々恐々となる時期の到来となる。「結婚を急き立てられること」、これは全世界の独身男女にとって共通の悩みと言えるのかもしれない。
春節(旧正月、今年は2月16日)は本来ならば楽しい連休であるはずだが、多くの独身者にとっては帰省後、またも親戚一同から結婚を急き立てられ、戦々恐々となる時期の到来となる。「結婚を急き立てられること」、これは全世界の独身男女にとって共通の悩みと言えるのかもしれない。

このほど、東京の独身男女たちは都を挙げて結婚を急き立てられる目に遭っている。しかも東京都では結婚を「後押し」する動画まで公開されているほどだ。

今月、東京都は、「東京五輪、あなたは誰と観ますか」というタイトルの動画を制作し、都内の街頭スクリーンや地下鉄の車内ビジョン、映画館などで流している。動画の中では、交際中の男女が1964年の東京五輪をきっかけに知り合い結婚した男性の祖父母の人生を思いながら、2020年東京大会を機会に相手との結婚を意識していく内容。

東京都は動画制作について、「未婚者の結婚の後押しになって欲しい」としている。この1分間ほどの結婚を「後押し」する動画は都内で繰り返し流されており、都民の間でも話題になっている。

「30歳までに結婚できればいい」とする都民もいれば、「結婚できるような経済力がない。まずは自分の暮らしを安定させてから考える」とした都民もいた。

日本人男性と女性の生涯未婚率(50歳の時点で結婚をしないで未婚のまま独身でいる人の割合)は、男性が23%、女性が14%と、この25年間のうちにそれぞれ4倍と3倍以上に増加した。未婚というこの現象は日本の大都市で特に深刻化している。東京都を例にあげると、成人男性の4人に1人、また成人女性の5人に1人が未婚で、日本全国の平均未婚率と比べ遥かに高い水準となっている。去年の日本の出生数はわずか94万人で、史上最低となった。日に日に深刻化する少子化問題はすでに日本経済の中長期的な発展に影響を及ぼす重要な要因となっている。(提供/人民網日本語版・編集/TK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ste***** | (2018/02/14 11:38)

    金がないと結婚できないなら、東京人より所得がだいぶ少ない県の人の方が結婚率が高いのはおかしい。東京人は金を持っているのに結婚しないではないか。 世界的にみてもどの国においてもGDPが成長すると出生率や結婚率は一様に低下してきた。 起きてる事象は人々がいう「金がないと結婚できない」ことと明らかに矛盾している。 「経済力がないと結婚できない」とか「まずは自分の生活を安定してから」などというのは、ただの思いこみや言い訳である。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事