中国初の深海リアルタイム科学観測ネットワークが構築

配信日時:2018年2月14日(水) 0時0分
画像ID 
中国科学院が発表した情報によると、中国の次世代海洋総合科学観測船「科学号」が2017年西太平洋総合観測航行段階を終え、このほど青島市西海岸新区の母港に帰港した。中国の科学者は今回の航行段階で、中国初の深海リアルタイム科学観測ネットワークの構築に成功し、西太平洋の水深3000メートル内の温度・塩分・海流などのデータを、1時間毎にリアルタイムで伝送する。人民日報が伝えた。

中国科学院海洋大科学研究センター主任で中国科学院海洋研究所所長、西太平洋科学観測ネットワーク責任者の王凡研究員によると、中国科学院戦略性先導科学技術プロジェクト「熱帯西太平洋海洋エネルギー交換とその影響」の支持を受け、西太平洋科学観測ネットワークは4年間の建設を経て、深海に対する連続・リアルタイム観測能力で大きな進展を実現した。20基の深海潜水ブイを始めとする800以上の観測設備の多くが、安定的に3−4年連続で大洋水文・動力データを入手しており、大洋上層・中深層という代表的な水深のフルカバーを実現している。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<