日中関係改善を望むなら、日本は誠実な行動で示すべき―中国メディア

配信日時:2018年2月11日(日) 17時50分
日中関係改善を望むなら、日本は誠実な行動で示すべき―中国メディア
画像ID  958721
8日、中国メディアの解放軍報は、日本は日中関係改善を望むのであれば、誠実な行動でそれを示すべきだとする記事を掲載した。資料写真。
2018年2月8日、中国メディアの解放軍報は、日本は日中関係改善を望むのであれば、誠実な行動でそれを示すべきだとする記事を掲載した。

記事は、2018年の初めに、安倍首相が日中関係改善について何度も言及し、河野太郎外務大臣も訪中するなど、日本は日中関係改善の意向を示していると紹介。「これは歓迎すべきことだ」としつつも、「この背後には日本の功利主義がある」と主張した。

その理由の1つが「米国」という要素だ。記事は「日本の対中政策は米国の対中政策の影響を大きく受けている」と指摘。昨年、米中関係がある程度改善したため、日本も中国との関係を改善しないと「わきへ追いやられる危険がある」ため、日本は昨年4月ごろから日中関係改善の意向を示すようになったと分析した。

別の理由は「経済」だ。記事は「中国は世界第2の経済体で、長年安定した経済成長を遂げていて、各国に大きな市場や投資、ビジネスチャンスを提供している」と紹介。多くの中国人が海外旅行へ出かけるようになっている中で、アベノミクスの効果が思うように現れない日本は、「日中関係を改善して中国の経済発展に便乗し、経済を上向かせ外貨収入を得ようとしている」とした。

さらに「外交面」も関係しているという。記事は、秋には自民党総裁選、来夏には参議院選挙が控えているため、「安倍首相は支持率を上げる必要がある」と分析。しかし、「経済は振るわず、憲法改正も国内で反対の声が根強く、外交では北朝鮮の核問題が解決せず、北方領土問題が進展していない」ため、日中関係を改善することで、「ポイントを稼ぎ」支持率上昇につなげたいのだと論じた。

その上で記事は、「日中関係が安定して発展することは両国の国民にとって益になるものの、現状では安定しない状況だ」と分析。これは、日中関係が直ちに良くなるということはないことを意味しており、「両国が長期にわたって努力していく必要がある」とした。

そして、この面で日本は「『口で言ったことを誠実に果たし』、中国との関係に対する正しい見方を持って、中国としっかりと向かい合う必要がある」と主張。「四つの基本文書と四点の原則的共通認識という基礎の上に、コミュニケーションを強化し、相互信頼を深め、矛盾点を適切に処理し、日中関係を正しい方向へ改善・発展させていくべきだ」と結んだ。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • han***** | (2018/03/04 19:18)

    >誠実な行動でそれを示すべきだとする記事を掲載した。 大嘘つきの中韓から言われたくない(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本が***** | (2018/02/12 00:20)

    今の中国に対して、関係を改善したら支持率は逆に下がるだろ。毅然とした対応をしてこそ支持率は上がるのだよ。アホか!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 絶対平***** | (2018/02/11 20:26)

    『口で言ったことを誠実に果たし』←これ、そのままソックリ中国に返すよ。ここ20年、対日本で「有言実行」したこと無いだろ。 パクった技術を他国に売るわ、ハーグの裁判結果を見て否定した言い訳を遂行してるわ、いつも日本の現状を真逆の報道をするわでほとほと困り果ててるからな。 タイトルにもあるように「日中関係改善を望むなら、中国の方こそ誠実な発言と行動で示すべき」だな。 言葉と行動が正反対なの、もう要らんわ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事